伊藤忠商事株式会社

大手総合商社の一角。
繊維、食料など生活消費関連に強みをもつ。

ルーツは、初代伊藤忠兵衛が近江の地で事業を起こした1858年(安政5年)にさかのぼる。
「売り手よし、買い手よし、世間よし」という「三方よし」という近江商人の姿勢で繊維製品の卸売業からスタート。

総合商社として確固たる地位を築くにあたり、現在では世界80ヵ国以上に及ぶ広範なネットワークを持ち、トレーディングを始めとし金融関連事業、事業投資等幅広いビジネス活動をダイナミックに展開。
1997年に、カンパニーがそれぞれ自主的な経営を行うディビジョン・カンパニー制を導入、更に1999年度からは執行役員制を取り入れ、迅速な決定と総合力とを併せもつ最適な組織への変貌を遂げた。

同社の強みは「非資源事業」と「ブランド事業」の2点にあり、価格変動リスクの大きい資源事業に偏らず、安定した収益基盤を築けていることが特徴。

働き方改革の一環として、午前5時から8時までに就業をスタートする代わりに、午後8時以降の残業を原則禁止にする「朝型勤務」を導入。
2022年度から朝型勤務を進化させた「朝型フレックスタイム制度」により、より柔軟な働き方の選択が可能となった。

伊藤忠商事株式会社の転職・求人情報

企業情報

2024年4月更新

設立
創業:1858年 設立:1949年12月1日
資本金
253448百万円
従業員数
4,187名
株式
◆東証プライム上場
事業内容
繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、保険、物流、建設、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開

伊藤忠商事株式会社の
ピックアップ求人

※公開可能な求人はございませんが、複数のポジションで採用中ですのでお気軽にお問合せください。

注目企業

記事数1500本以上!転職体験記
フォームから登録する