転職QandA QAトップへ
エンジニアのQ&A

プログラマ35歳定年説は本当ですか?

確かに35歳を過ぎるとプログラマをやる人の数は減ります。

プログラミングは最新技術の進歩と、既存技術の衰退サイクルが激しい上、新しい技術の吸収力は30歳を過ぎる頃から衰え始めると言われています。加えてその頃から体力も衰え始めることから、プログラマ35歳定年説という言葉が生まれました。

しかし実際のところは、高年齢のプログラマは人月ベースの単価が人件費と合わなくなるため、35歳くらいまでには設計やマネジメントなど上流の仕事に移る人が多いのが実情です。もちろん中にはマネジメントよりも、プログラミングをずっとやりたいという理由で、50歳、60歳になるまでプログラミングの仕事をしている方達もいます。そのようなプログラマにとっては35歳定年説という言葉は関係ありませんが、一方で若いプログラマよりも大きな付加価値を生み出すことが期待されます。
職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか43社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
転職ノウハウ
転職 Q&A
業界別 転職Q&A
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2019 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する