職務経歴書の書き方

英文レジュメの書き方

外資系企業では、履歴書・職務経歴書と共に、英文の応募書類の提出を求められるケースが多くあります。ここでは英文レジュメの書き方について紹介します。

英文レジュメサンプルはこちら

英文レジュメとは・・・

アメリカ式の英文履歴書(職務経歴書)のことです。「日本の履歴書よりは詳しく、職務経歴書よりは簡潔なもの」というと、イメージしやすいかもしれません (ちなみにイギリス式はcurriculum vitaeで、resumeとは書き方が異なります)。

  • 英文レジュメの基本
  • PCで作成します。MS Wordなら、スペルチェック機能がついていて便利です。
  • 用紙サイズはA4で、1枚にまとめましょう(多くても2枚)。
  • 項目は箇条書きにしましょう。だらだらとした文章は良い印象を与えません。
  • 見た目も重要!フォントやインデント(文字下げ)は揃えてすっきり見えるようにしましょう。
    ※フォントはArial、Times、Verdanaなどがお奨めです。
  • 文章は簡潔に!人称代名詞(I~)は必要ありません。同じ表現を繰り返して使用しないこと。

英文レジュメの書き方 一例

英文レジュメイメージ

ここでは、最も一般的な年代順(Chronological)でのレジュメ作成方法を紹介します。

英文レジュメは、基本的に下記の項目に分けられます。

  • PERSONAL DATA(氏名/連絡先)
  • OBJECTIVE(応募職種/目的)
  • SUMMARY(概要)
  • WORKEXPERIENCE(職歴)
  • EDUCATION(学歴)
  • INFORMATION(資格、その他)

次に、それぞれの項目ごとに書き方のポイントを紹介します。

  • 氏名/連絡先
    氏名/連絡先
    PERSONAL DATA : ヘッダー部分には、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号、Eメールアドレスを記入しましょう。
  • ※日本語の職務経歴書のように、「Resume」などとタイトルをつける必要はありません。
  • OBJECTIVE
    OBJECTIVE
  • OBJECTIVE : 応募する職種名を、文章にするのではなく、簡潔に書きましょう。
  • SUMMARY
    SUMMARY
  • SUMMARY : 必須ではありません。職歴が長い方はポイントを絞ってまとめましょう。また、特にアピールしたいことなど、際立たせたい部分を目立たせるためにSUMMARYに入れても良いでしょう。職歴が短い場合は、省略してWORKEXPERIENCEから書きましょう。
  • WORKEXPERIENCE
    WORKEXPERIENCE
  • WORKEXPERIENCE : 職歴を書きましょう。まず会社名、所在地、在籍期間、職種などを書いてから、具体的な業務内容について述べます。ここも箇条書きで、アピールしたいことを簡潔に、且つ力強い言葉でまとめましょう。
  • EDUCATION
    EDUCATION
  • EDUCATION : 学歴は新しいものから書きます。学位、大学名(所在地)、卒業年度(学位取得年度)を書きましょう。中退した場合などは在籍年度を書きましょう。学業に関わる経験でアピールできること(成績が上位、表彰された、など)があれば付け足しておくと良いでしょう。
  • OTHERS
    OTHERS
  • INFORMATION : アピールできる追加情報を書きます。
  • 最後に、スペルミスがないか、必ず確認しましょう!

職務経歴書サンプル

20職種以上の職務経歴書のサンプルを用意致しました。職務経歴書作成にお役立て下さい。

職務経歴書サンプル

職務経歴書の書き方はこちら
履歴書の書き方はこちら

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか43社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ
企業インタビュー
技術者インタビュー
“高専卒の方はこちら”
転職ノウハウ
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2019 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する