本日現在1553
/ バックナンバーも全て読めます

TOEIC980点、広報担当ママさん。グローバルに働きたく、重電メーカーから政府系資源開発会社へ

TOEIC980点、広報担当ママさん。グローバルに働きたく、重電メーカーから政府系資源開発会社へ

No.1514
  • 現職

    東証プライム上場 政府系資源開発会社 経営企画本部 広報グループ

  • 前職

    東証プライム上場 大手重電メーカー 広報担当(社外広報・社内広報、統合報告書・サステナビリティレポート制作)

塚田 歩未 氏 30歳 / 女性

学歴:私立高等学校 卒
イギリス国立大学 卒
※在学中にガーナ、カナダ留学
TOEIC980点

① 海外大学進学~新卒での就職活動

高校時代、テレビで見たNGOのCMをきっかけに国際開発に興味を持ちました。
それがちょうど大学進学を考えるタイミングでもあったので、大学での専攻を国際開発学にしようと決めました。
しかし、国際開発学は日本であまり知られておらず、学部がある大学も少なく、国内で「ここだ!」と思える進学先が見つかりませんでした。
そのため、この分野において日本より先行しており専門的な教育を提供しているイギリスを進学先に選びました。
それまで一度も生まれ育った地元を離れたことがなかった私ですが、高校卒業と同時に東京にある海外大学への正規留学を目指す学生が通う学校に入学しました。

その後、念願のイギリスの大学に入学することができ、国際開発学を専攻しました。
その大学は2年次に希望者が途上国へ留学ができるというプログラムがあり、私は約半年間ガーナの大学へ留学しました。
そこでの経験は本当に毎日が刺激的で驚きの連続でした。
行く前から覚悟はしていましたが、首都であっても停電や断水が日常茶飯事で、夜はスマホの明かりを頼りに過ごしたり、タンクに貯まった水で洗濯をする等、日本やイギリスでの生活では考えることがなかったであろうインフラの重要性を再認識しました。

こういったガーナへの留学経験から、就職活動では海外のインフラ整備に携わりたいという想いを持って、企業を探しました。
しかし、海外の大学に在籍していることから卒業時期が日本の大学と違い、採用までのスケジュールが合わず応募できない企業も沢山あり、内定を貰うまで苦労しました。
最終的に海外大学の学生向けの就職イベントに参加していた電機メーカーから内定を貰うことができ、入社を決めました。

② 入社した会社での担当業務

入社した前職で配属されたのは広報部門でした。
元々は大学時代の経験を活かしたいと海外営業を希望していたのですがその希望は叶わず。
しかし、配属された広報部門はとても働きやすく、その後異動をすることもなく約6年間所属しました。

広報業務では社外広報、社内広報の両方を幅広く経験させてもらいました。
社外広報ではプレスリリースの配信、取材や記者発表等のメディア対応、社内広報では冊子とWEBの社内報制作を担当しました。
どの業務も共通して、広報部門だけで完結するものはないので、社内外の関係者と積極的にコミュニケーションを図りながら信頼関係を築くことで業務を円滑に進められるよう取り組んできました。
また、少ないメンバーで広報業務全般を回しており、通常業務に加えてメディアからの突然の取材依頼や急な適時開示対応等、多岐に亘る業務をこなさなければいけません。
急な案件が入ってきてもその時々の状況に応じて、的確に業務の優先順位をつけ迅速に対応する力が身に付きました。

③ 転職に至ったきっかけ

新卒で入社してから約4年ほど広報部門で働き、育休を1年間取得しました。
復帰後は同じ広報部門に戻ったので、すでに慣れた業務が多く、育児と両立するにはとても良い環境でした。
一方、復帰から数ヶ月すると少しずつ仕事に余裕が出てきて、今後の自分のキャリアについて考えることが多くなりました。
新卒での就職活動のことも振り返り、これまでの業務では機会がなかった学生時代に身に付けた英語力や海外での経験を仕事に活かしてグローバルに働きたいという思いから、違う部門への異動希望を上司に伝えました。
しかし、結論は今のタイミングで異動は難しいということでした。

このこときっかけに、今の会社にこだわらず社外に目を向けてもいいのでは、と思うようになり転職活動を始めました。
ただ、これまでに転職経験はなく、転職活動の進め方も全くわからない状況だったので、とりあえず複数の転職エージェントに登録してみました。
するとすぐにいくつかのエージェントから面談の連絡があり、(株)エリートネットワーク様も連絡をくれた一つでした。

④ (株)エリートネットワークでの転職活動

エリートネットワーク様で私の担当をして下さった転職カウンセラーの保坂さんとの初回面談の印象は、「とても親身に話を聞いてくれて、色々な可能性を模索し提案してくれるエージェントさん」でした。

はじめはグローバルな企業という単純な理由で総合商社を希望していましたが、私のこれまでの経験や希望する働き方の条件等を踏まえ、保坂さんには幅広い業界から求人案件を提案して頂きました。
自分一人では辿り着かなかったであろう企業の求人もあり、大変助かりました。
また、どの企業の求人に関しても「人事の方ですか?」というくらい会社のことを詳しく知っておられて、保坂さんに提案頂いた企業なら安心して応募できるなと感じました。
選考が進んでからもきめ細やかなサポートをして下さり、とても心強かったです。

今回内定を頂き入社を決めた企業も保坂さんから提案頂いた中の一つで、内定の連絡を頂いた時には保坂さんもとても喜んでくれて嬉しかったです。
仕事と子育ての両立ができる職場環境を転職先の条件としていましたが、それが叶う企業だと思います。

⑤ 最後に

もうあと数日で転職先での仕事が始まります。
働き慣れた以前の職場を離れる不安はありますが、新しい環境に飛び込むワクワクも大きいです。新しい職場で一日でも早くお役に立てるよう努力していきます。

最後に、私の体験記が少しでも転職を検討している方の参考になれば嬉しいです。

この転職者を担当したカウンセラーに
転職相談したい

この記事をご覧になったあなたに

関連する転職体験記

転職体験記を絞り込み検索 全ての記事一覧は
こちら