本日現在1359
/ バックナンバーも全て読めます

重工業界の海外営業職、財閥系不動産デベロッパーの総合職へ。リモート面接に助けられた海外駐在員

重工業界の海外営業職、財閥系不動産デベロッパーの総合職へ。リモート面接に助けられた海外駐在員

No.1351
  • 現職

    一部上場 財閥系 不動産デベロッパー 総合職

  • 前職

    大手重工業会社 海外営業職

森井 凪 氏 29歳 / 男性

学歴:大阪大学 卒
TOEIC IPテスト 895点
米国公認会計士 科目合格

① 学生時代にさかのぼって新卒での就職の時の志向

学生時代に所謂発展途上国に留学していた経験から、日本の質の高いインフラを導入し、人々の生活の質向上に寄与できるような規模の大きい仕事に携わりたいと考えておりました。

② 入社した会社での今日迄の担当業務や実務経験、体得したスキル

入社後は一貫して海外営業職を担当し、プロジェクトマネジメント・契約更新交渉などの知見を取得しました。

③ 今回転職するに至った背景や理由・きっかけ

きっかけは大きく2つあります。
一つはエネルギー業界が「脱炭素」へと大きく方針転換していく風潮の中で、単一業界・技術だけでなく、より広範な業界を有機的に繋げられる企業で「脱炭素」に代表される社会課題に向き合いながら働きたいと考えたことです。
もう一つは、海外赴任という一つの節目を終えるタイミングで新たな領域へとチャレンジしたいと考えたことです。

④ 自身がこだわったり、譲れないと考えた事柄、従来のこだわりを捨てた点

上述の通り、「広範な業界・技術と関わることができるか」「脱炭素のような新しい課題に対して新しいアプローチができる社風か」といった点にはこだわりをもって転職活動に臨みました。
一方で、エネルギー業界や海外志向といった点は、一旦はこだわらずに新しい領域を模索したいと考えておりました。

⑤ 転職活動を通じて気づいた点や学んだ点

転職活動を始めてみて、自身の市場価値や年代や経験からどういったことを期待されているのかを知ることができました。
実務経験は人それぞれですが、その経験を話した際に相手にどう捉えられるかという点もやはり十人十色であり、臨む企業によっても魅せ方や話し方を変える工夫が必要であることを痛感致しました。

また、企業ごとの人材に対する嗜好や特性について、エリートネットワークの転職カウンセラー 篠原さんに相談させて頂いた際には、私の経歴も勘案した上でどのようにアピールすべきかを一緒に考え、アドバイスを頂き、大変参考にさせて頂きました。このようなサポートは一人で転職活動をしていると得難く、また独り善がりな独白のような話し方・内容にならないためにも大変貴重だと感じました。

またコロナ禍の影響もあり、多くの企業がリモートでの面接を受け入れていたことも印象的でした。私の場合は海外在住ということもあり、こういった方針転換はスケジュール調整や面接へのアクセスといった面でかなりありがたく、今後多くの人が利用することで更に労働市場の流動性が期待できるのではないかと考えます。

実際の面接は、上述の通りオンラインでの実施が大半を占めましたが、篠原さんからオンライン特有の注意点をご教示頂いたり、オンラインでの面接練習をして頂いたりと手厚くサポート頂きました。

⑥ 次の職場に賭ける意気込みや覚悟

エリートネットワークの転職カウンセラー、高橋さん・篠原さんにご支援を頂いたお陰で、志望していたデベロッパー業界へ転職することに決まりました。これまでとは全く異なる業界ですが、今までの経験、反省を踏まえて新たな業界で活躍できるよう精一杯尽力しようと思っております。

この転職者を担当したカウンセラーに
転職相談したい

この記事をご覧になったあなたに

転職体験記を絞り込み検索 全ての記事一覧は
こちら