本日現在:1210 転職体験記
No.900

司法試験を断念し、25歳既卒法科大学院生、初めての就活

前職
法科大学院生 (未就労)
現職
医療業界に特化した人材サービス会社 薬剤師事業部   キャリアコンサルタント
佐倉 美佳 氏 / 25歳
首都大学東京 都市教養学部 都市教養学科 法学系法律学コース 卒
慶応義塾大学 大学院 法務研究科 修了
TOEIC 885点

●司法試験を断念し、キャリアチェンジを決断するまで

私は弁護士を志望しロースクールに進学、卒業しました。弁護士を志望し始めたのは中学生ぐらいの頃であり、母の就労環境が悪く、そういった話を聞いているうちに手助けしたい、という気持ちが芽生え、弁護士になろう、と思いました。しかし、2回司法試験を受験しましたが合格することが出来ませんでした。司法試験を断念したのは、やはり落ちた、というのが端的な理由だと思います。

弁護士は中学生の頃から目指していた職業であって、諦めるのはやはり辛かったです。しかし、年齢的にも実社会に出なければならない、これ以上両親に金銭的に迷惑をかけられない、という思いも強くあったので就職活動をすることにしました。確かに現在司法試験は5回受験出来る制度ではあるのですが、5回受験した後では年齢的に就職はもっと大変であると感じたので、今この時期に就職しようと思いました。

●エリートネットワークさんに登録したキッカケ

当然と言えば当然なのですが大学生の頃には一切就活はせず、ロースクールの受験勉強をしていたので、今まで就活の経験は一度もなく、また新卒ではありませんからあまり相談する相手もおらず、どのように就活すればよいのかも分からなかったので、ネットで検索してみることにしました。そこで紹介会社に登録をし、紹介をしてもらうという方法を初めて知り、就活のことを教えてもらおうという軽い気持ちでまずは紹介会社に登録をしようと思いました。色々と紹介会社を探している中でエリートネットワークさんは同じロースクール出身の方の 『転職体験記』 があったので、一番先に登録をしました。やはり、同じ境遇の方というのは多くはないと思ったので、そういった体験記がいくつもあり安心したので登録しようと思いました。

●実際の活動について

登録後、すぐにエリートネットワークの大森さんから連絡があり、面談することとなりました。特に就活の指針も決めておらず、右も左も分からないような私に対して丁寧に時間をかけて説明をして下さいました。そして当日に具体的な求人の打診もして下さり、とても魅力的だと感じたので応募することにしました。
面談後、本格的に自分自身が就活をしなくてはならないと思ったので、就活のために面接対策の本を読んだり、自己分析をしたりして、どういった会社で働きたいのか、今後自分がどういうキャリアを積みたいのか、という点を、かなり時間をかけて考えてみました。

その結果、成果主義であること、という要件がまず出てきました。これは、モチベーション維持のためです。次に自分自身で考え、行動出来るような仕事であることです。これは、私は考えることが好きで、その考えを積極的に実行していきたいと思っているからです。この思いから、やはり風通しのいい環境であり、比較的個人に自由と裁量がなくてはならない、と考えました。そして最後に自分自身が楽しんで仕事ができなくてはならない、と思いました。

これは私の母が常日頃言っていることであり、楽しめないと働けない、続かないと言われていたからです。母は転職を繰り返している人であり、とても説得力がありました。もちろんこの指摘は、自分自身が一度働いてみないと実際には分からないのは事実であり、面接の過程でこれを判断することは難しいと考えていましたが、そこで何とか自分なりに判断してみよう、と思っていました。このような自分の指針に合う会社というのを、面接を通じて探してみよう、と思いました。

私は既卒でありハンディキャップがある立場です。それでも図々しいかも知れませんが、就活中最後まで自分も会社のことを判断しようという姿勢は崩さず、面接に臨もうと思いました。実際それは実現出来たと思っています。また、私は自分自身のことを話すことはとても好きであったので、面接自体はとても楽しむことが出来ました。もちろん就活は大変ではありましたが、楽しかったと感じています。またキャリアとしては、やはり頑張り次第で上に行けるような会社がいいと感じました。キャリアパスがきちんと用意されているような会社に就職したい、また頑張りや成果を客観的に評価されるような会社に行きたい、と強く思いました。

また、私は卒業後3年以内であったので会社によっては新卒枠で就活することもできましたが、すぐに仕事を始めたいと思ったため中途採用枠で応募することにしました。エリートネットワークさん以外の紹介会社にも登録し、色々紹介をして頂きました。面接の練習を兼ねて多くの会社に応募しよう、と思っていたので興味を持った会社には応募してみましたが、元々エリートネットワークさんに紹介して頂いた会社に一番入社したい、と思っていました。

●メディカル系人材紹介会社に入社を決めたキッカケ

面談に伺った2日後にエリートネットワークさんから連絡がありました。最初にご紹介して頂いたとても行きたいと思っていた会社の書類選考通過のご連絡でした。その後、人事担当者様と面接をし、正直面接が上手くいった感触はなかったのですが、担当の転職カウンセラーである大森さんのお力添えもあり、なんとか通過することが出来ました。その後も2回面接をし、インターンシップにも行かせて頂き、私自身も会社のことを落ち着いて判断する機会があったので、とても嬉しかったです。

そういったことを通じて私自身の指針に合っているかどうか、という点を見ていましたが、本当に知れば知るほど環境も良く、私の指針に合っている会社である、と感じました。インターンシップもとても楽しく、短い期間ではありましたが、とても充実していました。そして、最終的に内定を頂くことができ、私も是非行きたいと、入社したいと考えていたので本当に嬉しかったです。

●エリートネットワーク様に対しての感想

もちろん私自身も努力はしましたが、面接・選考の過程でエリートネットワークの大森さんには多くのことを相談させて頂きました。既卒でありますし、就活をしたことがない、という理由から私は多くの不安があり、沢山のことを質問したと思います。就活の大枠から細かいことに至るまで質問をしました。その全てにきちんと誠実に答えて下さって、安心も出来ましたし、本当に感謝をしています。

また、就活はどんな人であっても少なからず不安が付きものであるので、色々とアドバイスをして頂いたり、相談にのって頂くというのはその不安を解消出来る、ということに繋がると思います。私はエリートネットワークの大森さんのおかげでその不安を解消することが出来ました。私のように周りにあまり同じ立場の方がいないような環境であると、とても安心出来頼れる存在であると思います。精神的な意味でも沢山助けて頂けたので、もちろん毎回の面接は緊張しましたが、気を楽にして面接を受けることが出来ました。

他の紹介会社のキャリアコンサルタントの方ともお話しして案件を紹介をして頂きましたが、エリートネットワークさんが紹介して下さる会社は優良企業が多く、とても安心して応募することが出来ました。また、大森さんは提出書類等について何度もメールや電話で訂正を繰り返し、より良いものに仕上げることが出来ました。他の紹介会社では、そういったことはして頂けなかったので本当に助かりました。

●最後に

既卒という立場で就活を行った身としては多くの苦労、不安はありました。しかし、大森さんのアドバイスもあり、また私自身も前向きに頑張るような性格であったので就活自体とても楽しく、充実していたと思っています。これからも、まだまだ未熟者ではありますが、まずは楽しんで仕事をしていきたい、そして結果を残していきたいと思っています。常に前を向いて、頑張っていきたいと思っています。

体験記検索

職種
業種
キーワード
資格
年収
年齢層を指定
第二新卒
女性の体験記
年齢入力 ※半角数字で入力して下さい。
職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか43社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2020 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する