本日現在:1227 転職体験記
No.894

29歳経理職、一部上場総合電機メーカーの障がい者採用へ

前職
電気通信機器メーカー 経理部    経理担当
現職
一部上場 大手総合電機メーカー   事務職
鹿賀 耕司 氏 / 29歳
関西学院大学 総合政策学部 総合政策学科 卒
実用英語技能検定2級
障害者手帳3級

今回転職をしようと思ったきっかけは、2つあります。
1つは社内の人間関係が修復不可能な絶望的な関係になってしまった事です。パワハラ、イジメは当然の状態で、どうしても前職の会社ではもう働けないという状況になってしまいました。
2つ目は私は前の会社では経理部門で管理業務に携わっていました。売掛金、買掛金などの債権管理、契約書締結などの管理が主な業務内容でした。私は本を読むのが趣味です。数多くのビジネス書を読んできました。その中で、「経営」 についてのテーマの本を読み、非常に面白く感じました。私は漠然と経営についての仕事をしたいと思い、その思いが日に日に強くなっていたのもその時期でした。そこで私は 「経営=コンサルティング業界」 だ! と思い、会社を辞め、転職しようと決意しました。

転職活動は一言でいうと、苦痛の連続で地獄の日々でした。私は当初大手の転職紹介会社を利用していました。そこで紹介されたコンサルティング業界の会社の求人を興味のあるものから片っ端から応募していきました。しかしながら、すべて書類選考でお見送りの連絡、もう応募できる求人はありませんでした。当然の事かと思いますが、スキルも経験も無い。そんな自分に会ってくれる企業はなく、最初は落ち込みました。

そこで私は、書類選考通過者がどのような方か聞いたところ、やはり私とは桁違いにスキルも実績もある方でした。じゃあ、経理として幅広い業務を経験し、更に資格も取って完璧にして再度コンサルティング業界にチャレンジしようと思い、前職の経験を活かしつつ、新たな業務にチャレンジ出来る会社への転職に方向転換しました。動かない事には何も始まらない。その思いから毎日求人票を見て業界、業種関係なくとにかく経理の求人、特に決算業務に関われる求人に応募していきました。

しかしながら、ここでも経験、スキルの壁が大きく立ちはだかりました。150社以上の求人に応募して、書類選考が通過したのはわずか5〜6社という状況でした。書類選考ではもちろんの事、実際に面接に進んでも、実際に経験した業務の幅、実際のスキルで他の候補者より劣るという判断もあって、中々内定まで至りませんでした。

離職して1年近くなり、焦りも出てきた中で、ずっと利用していた転職紹介会社の方から別の方法で職探しをしてみればと言われました。つまり中々転職が決まらない私に対し、フォローし切れないという段階にまで来てしまいました。そこでハローワークを中心に職探しを始めましたが、中々希望する職種がありませんでした。そんな時に(株)エリートネットワーク様よりメールが来ていました。私は藁にも縋る思いでそのメールに返信をし面談することになりました。

(株)エリートネットワークの担当者様と面談する中で、退職の経緯、転職活動の状況、希望職種等をお話しさせていく中で、また新たな1つの方向性を示して頂きました。それは障がい者採用枠での転職を目指して行こうと言う話でした。私は身体障がい者で、前の会社も障がい者で入社していましたが、転職活動においては一般者の方と同じ土俵に立って行っていました。以前利用させて頂いていた仲介会社からはそのようなお話はなく、実際に書類選考の際に考慮して欲しいと伝えていただけでしたので、転職活動にもそのようなやり方があると聞いて目からうろこでした。

また、私は関西在住で、(株)エリートネットワーク様は東京に会社がありますが、私を担当して下さった担当者の方は、取引のある関西にある主要な企業様のほとんどは人事部の方と1度は話をしたことがあるので面識があると言って下さった事、一度書類選考に落ちた会社に対しても再度お話しをしてみると仰って下さった事に非常に心強さを感じました。そして私は(株)エリートネットワーク様にお世話になり、転職活動を再度頑張ろうと決意しました。

しかしながら、1つ不安なことがありました。障がい者採用と言うのは、どうしても一般採用に比べて待遇面で劣るということでした。今回入社が決まった企業様も契約形態は契約社員ということでした。私自身職種の他に、雇用形態にもこだわりがあり、ずっと正社員での転職を目指していました。実際に以前選考に進んでいた会社でも雇用形態が契約社員と判明した為に、選考を辞退したこともありました。雇用形態にも不安があった為に、担当者の方に相談した所、あなたの実績なら問題ない、また、無職である期間をこれ以上長引かせない事の大事さをじっくりと説明して頂き、不安は解消され、迷いは無くなりました。

こうして再度転職活動を行っていく中で、以前お見送りになった会社など、様々な所から面接のお話が来ました。各社の選考状況も逐一報告して下さり、私自身面接において不安に感じている事も、いつでも、細かく相談に乗って頂けたので面接の際に感じる緊張感は以前に比べてかなり少ない状態で面接に臨むことが出来ました。以前利用していた紹介会社よりも本当に丁寧にサポートして頂けました。
また、面接終了後もすぐに企業様にフォローを入れて下さったり、中々結果が出なかった企業様には直接出向いてフォローを入れて下さったりと、非常に良くして頂き本当に感謝しております。

こうして無事に今回の会社に入社が決まりました。当所希望していました経理職ではありませんが、企業様が私自身の事を本当に評価して下さり、どこか採用してくれる部署はないかと探してまで採用してくれましたので、全く不満は無く、むしろ心から感謝しており、本当に頑張ろうと思いました。

この様に約1年に及ぶ転職活動は終了しましたが、この1年多くの事を学びました。
1つは転職するならとにかく早く動く事が本当に大切だと言う事です。私自身は会社を退職した後からスタートしました。中々休みが取れませんでしたので、在職中に活動はあまりしていませんでした。しかし時間を上手く遣り繰りすれば出来たと思います。そうしたら結果ももう少し変わっていたのかなと思います。また就職活動と同じく転職活動も縁だと本当に強く感じました。出会う会社、転職紹介会社の担当者の人との縁を本当に大切にして下さい。最後になりますが、多くの人は私と違いスムーズに自分の希望している転職が実現できると思います。中には私のように上手くいかない方もいるかもしれません。でも決して諦めないで下さい。しっかり自分と向き合って納得して活動すれば必ず転職活動は成功します。

転職活動中は本当にいろいろな事が起こります。なかなか書類選考が通過しなかったり、せっかく面接までたどり着けても、企業様の都合で面接が中止になるなど様々な事が転職期間中起こりました。その度に何度も心が折れそうになりましたが、一度転職すると決めえたからにはやり遂げるという気持ちが本当に大切だと思います。結果が出なくても諦めず頑張っていれば、必ず成功するし、周りの人もサポートしてくれます。私もこれからまずは正社員になることを目標に頑張っていきたいと思いますので、転職されようとする皆さんも頑張って下さい。

最後になりましたが、(株)エリートネットワークの皆さん、本当にありがとうございました。

体験記検索

職種
業種
キーワード
資格
年収
年齢層を指定
第二新卒
女性の体験記
年齢入力 ※半角数字で入力して下さい。
職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか43社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2021 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する