本日現在1559
/ バックナンバーも全て読めます

49歳、転職を成功に導いた要因とは。

49歳、転職を成功に導いた要因とは。

No.130
  • 現職

    スミスメディカル・ジャパン株式会社 薬事担当

  • 前職

    国内医療機器メーカー 薬事担当

佐藤 守 氏 49歳 / 男性

学歴:武蔵工業大学 工学部 機械工学科卒

今までの経緯

 私は理工系大学を卒業後、就職してから現在の49歳になるまで今回の転職を除いて3回の転職を経験しました。最初の就職は就職難の時代でもあり、小企業で筐体設計の仕事に従事しましたが、筐体設計としてのスキルアップを考え、就職後4年ほどで一部上場大手電気メーカーに転職しました。しかしその後3年ほどで円高不況による事業部門縮小/撤退が始まったため、再転職せざるを得ない状況に直面しました。但しこの時点では未だ30歳ということもあり同業他社にスムーズに転職することができました。
 ところがその就職先は本社の出先部門としての機能であったため、量産設計ではなく主に試作品の設計/試作業務でした。そのため筐体の量産設計としてのスキルアップは望めませんでしたが、工程や納期に追われない楽な環境にどっぷりと漬かり、気が付くとスキルダウンした状態で30代後半を迎えてしまいました。そこで思い切って筐体設計技術者を諦め、他業界への転職活動を始めました。もちろん40歳を目前とした筐体設計技術者に今までのスキルを諦めて漠然と他業界に転職したいと希望しても、すぐに就職先が見つかる訳がありません。当時はWeb利用の人材バンクなど殆ど存在しておらず、就職情報誌を頼りに毎週のように履歴書を送りましたが、殆どが書類選考の時点で落とされました。
 約6ヶ月の就職活動(つまり無職状態)の後、医療関係企業への転職に成功しました。特に医療業界を目指した訳ではありませんが、今までの経歴や出身業界など全く気にも止めない体質の企業であったことが幸いしました。この転職が今になって振り返ると、今回の転職にものすごく有利になったのは皮肉なことかもしれません。

今回の転職を考えるきっかけ

 就職先の企業は、ベンチャー的な要素/指向を持つ企業であったため、私自身今までの経歴を全く捨て去り、一から事業を立ち上げるようなプロジェクトに進んで手を挙げました。保守メンテナンス、新規事業立ち上げ、その事業の営業、事業撤退、更に新しい事業立ち上げなど、およそ考えられるあらゆる業務をこなしましたが、直前の数年間は医療関係企業として法的規制を受ける薬事法に対応する部署の業務に就いていました。
 ところが、営業主体の販売会社であったこと、薬事部門の必要性が企業活動全体から見て相対的に低かったことなど社内での評価が得難い一方で、薬事法の改正により規制が厳しくなって行くことや、この数年間で密度の濃い経験を積んだことで更なるスキルアップの欲求が高まり始めました。

(株)エリートネットワークとの出会い

50歳を目前としていよいよ定年が見えて来る歳となり、残りの10年を現状のままただ漫然と過ごすのか、更なるスキルアップを目指すのか、年齢のこともあり、かなり悩みましたが、後悔したくないという強い動機から転職を決意しました。転職しないと言う選択肢もありますが、何かあった時に後悔が残ります。今までの転職を振り返っても私に後悔は残っていません。
そこでWeb上の人材バンクへの検討を始めました。数ある人材バンクの中で「エリートネットワーク」に登録希望を出しました。「エリートネットワーク」を選択した理由はTopページの「正社員専門」という記載です。50歳近くなると正社員という道が閉ざされることが一般的だからです。登録希望の後すぐに、担当カウンセラーの杉本さんから連絡があり、カウンセリングを受けました。ここで(株)エリートネットワークが他社と異なる点として、担当のカウンセラーの杉本さんが直接企業を訪問し企業側が求める人材像を把握し、登録者の希望と合致することを確認して紹介するというシステムを導入しているという話に感銘を受け、ここで就職先が決まるまでお世話になろうと思いました。
そのようなシステムですので誇張など一切せず、今までの経緯、転職に対する考え方、現状の不満点、更なるスキルアップを目指していることを詳細に説明致しました。50歳近い年齢も気になるけれどそれでも良いという企業を紹介して欲しいことを告げ登録をお願いし、いくつかの企業を紹介して頂きました。数日後、そのリストの中から自分の希望に一番近いと思われる企業を指名し、その後3回の面接を経て採用が決定しました。
この転職の成功は(株)エリートネットワークのシステムの成果だと確信しています。それは企業からの募集を転職希望者に単にその情報を流すだけでなく、実際に募集企業を訪問し、書面上の応募条件だけではわからない企業が求める人材像を把握し、それにふさわしい転職希望者を紹介するシステムだから成せることではないかと思います。実際に相手先企業との面接では、企業の求める人材と私の経歴、希望職種が見事に一致していました。
内定後も年齢や給与の件について担当カウンセラーの杉本さんが相手先企業と交渉して頂き、こちらの希望を叶えて頂きまして、本当にありがとうございました。

この転職者を担当したカウンセラーに
転職相談したい

この記事をご覧になったあなたに

関連する転職体験記

転職体験記を絞り込み検索 全ての記事一覧は
こちら