本日現在1559
/ バックナンバーも全て読めます

無線伝送システムの研究職女性。技術開発を事業化に結び付けたく、放送局から名門シンクタンクへ

無線伝送システムの研究職女性。技術開発を事業化に結び付けたく、放送局から名門シンクタンクへ

No.1442
  • 現職

    東証プライム上場 財閥系 大手シンクタンク 政策コンサルタント

  • 前職

    全国ネットの放送局 放送技術研究所 無線伝送システムの研究開発担当

佐々木 香織 氏 30歳 / 女性

学歴:国立 女子高等学校 卒
国立大学 工学部 卒
国立大学大学院 理工学研究科 修了

新卒就活の時の志向

新卒時は、自身の専門を活かしながら社会インフラに関わる仕事に携わりたいという軸で、就職活動を行いました。
大学及び大学院では光や無線などの通信伝送分野の研究に取り組んでいたので、放送局や鉄道会社などインフラを支えている会社の、特に伝送技術に関わる部署に興味を持っていました。
その中で前職を選んだのは、人や社会へ大きな影響力を持っており、そしてトップクラスの高い放送技術を持つ放送局で、民間会社でないからこそ出来る社会貢献に自らも携わりたいと思ったからです。
また、研究所を保有している唯一の放送局であり、研究職と現場の技術職の両方のキャリアを歩める点も魅力に感じました。

入局後の業務

入局後、3年半は地方局に配属になり、放送所の保守運用を主に担当していました。
老朽化した放送機やアンテナなど放送設備の更新工事の計画、現場管理、また放送ネットワークや無線局の免許管理など、現場仕事に従事しました。
新技術の開発にも自ら積極的に取り組み、発案、設計、開発まで一連のプロセスを経験しました。

その後、研究所に異動となり、無線伝送システムの研究開発に従事し、伝送方式の検討から計算機シミュレーションによる評価、実機を用いた野外実験による検証まで一通りを経験しました。
現場仕事から研究開発まで、他では出来ない幅広い経験をさせて頂き、充実した日々を過ごすことが出来ました。

転職を考えたきっかけ

その中で、今回転職を考える大きな理由となったのは、前職で取り組んできた研究開発の中で、技術を実現していく、社会に実用化していくことの難しさを痛感した為です。研究、提言や技術開発を事業化に結びつけたいという気持ちが強くなり、より上流工程に携わりたいと思うようになりました。

幅広い分野に専門性を有し、中立的で俯瞰した立場のシンクタンクでならば、社会課題に対して上流からアプローチしていけると思い、転職を決断しました。
また、様々な分野に関わるチャンスがある為、自らの経験やスキルの向上にも繋がると考えた点も志望する大きな理由となりました。

転職活動の軸

転職の際にも、新卒の時から変わらず、社会貢献そして私自身の専門である情報通信分野という2つの軸を中心に考え、活動しました。
また、風通しがよくフラットな組織であるかどうかも面接や面談を通して、入念に確認しながら活動を進めました。

一方で、新卒時とは異なり、将来の自分のライフスタイルをより具体的に考えるようになったことで、転勤が無いことや、より自由で多様な働き方が出来るかどうかなど、働き方の条件も重視したことは、大きな変化だったように思います。
正直な所、新卒時に全国転勤について深く考慮しなかったことを、後悔することも度々ありました。
ただ、前職も人や環境にはとても恵まれていたので、転職したことを後悔しない為にも、全ての条件を妥協しないと決めて、転職活動には臨みました。

転職活動の感想

転職活動をスタートするまでは、仕事との両立や私の経歴で内定を頂けるかどうかなど不安も沢山ありましたが、(株)エリートネットワーク様のサポートもあり、とても楽しかったというのが率直な感想です。
自分のやりたいことや実現したいことを面接で議論出来たことはとても貴重な機会でしたし、学びも多くありました。
結果として自分が希望するシンクタンクに無事入社が決まったのも、各社が執筆した文献を興味を持って調査するなど、企業研究にも楽しみながら取り組めたことが大きかったように思います。

次の職場に賭ける意気込み

転職後は、今まで培ってきた経験を活かしながら、将来の情報通信やメディアをより発展させていけるよう、精一杯努力したいと思います。
入社を決めた会社は、面接や面談で出会った全ての方が、豊かな未来を創っていく為にはどうしたら良いかを必死に考えながら働いていらっしゃることが、とても印象的でした。
私自身も、新卒時からの初心を忘れず、何事も貪欲に挑戦していきたいと思います。

最後に

最後に、この度の転職活動を支えて下さったエリートネットワークの転職カウンセラーの堀様に感謝申し上げます。
初回面談で、転職を無理に勧めるのではなく、私にとってベストな選択が何かを一緒に考えて下さり、心から信頼して転職活動の伴走をお願いすることが出来ました。
新卒時から久々の面接且つオンライン面接の経験が無かった為、少し不安な気持ちもありましたが、事前にロープレなどにも付き合って頂き、お蔭で緊張も無く楽しく面接に臨むことが出来ました。
そして何より、出張が続き、各社との面接日程を組むことに困っていた時に、全ての日程を調整して頂いたお蔭で、仕事と両立しながら無事に転職活動を終えることが出来ました。
親身にサポート頂き、誠にありがとうございました。

この転職者を担当したカウンセラーに
転職相談したい

この記事をご覧になったあなたに

関連する転職体験記

転職体験記を絞り込み検索 全ての記事一覧は
こちら