本日現在1364
/ バックナンバーも全て読めます

外資系コンサルティングファームから、財閥系事業会社へ。長期就労を前提としたキャリアチェンジ

外資系コンサルティングファームから、財閥系事業会社へ。長期就労を前提としたキャリアチェンジ

No.1332
  • 現職

    一部上場 財閥系 倉庫会社 情報システム担当

  • 前職

    外資系 コンサルティングファーム 情報システム担当

北内 寛太 氏 41歳 / 男性

学歴:国公立大学 情報系学部 卒

■ プロフィール・経歴

●41歳、2児の父
2003年3月 大学で、知能情報システム工学科でプログラミングを専攻し卒業
2003年4月 日本の大手Sierへ入社、データセンターにてインフラエンジニアとして勤務する
2016年9月 某外資系企業の情シス部門へ転職する

■ 転職のきっかけ

●長時間労働が続き、今はギリギリでもっているが、今後10-20年スパンで考えた時に続けることは難しいと感じた。
●ホワイトな企業で働きたいと思い、転職サイトへ登録した。

■ 担当業務

●インフラ環境整備、クラウド推進、基幹システム刷新プロジェクト等、社内システムに関する導入/運用作業全般にインフラ部門として従事している。
●サーバチームリーダとして複数プロジェクトの工程/進捗/コスト/品質管理を実施し、マネジメントを行う。
●各ビジネスと連携の上「グループ標準化」や「業務効率化」等いくつかに分類した施策を実行し、日々のオペレーションのみならず業務上の工夫や業務改善、企画に取り組む。
●グローバル提供サービスが多くあるため、グローバルやヘッドクォーターと連携し、業務を遂行する。

■ 転職の背景、理由

1.個人プレーではなくチームで丁寧な仕事をしたい(仕事でやりたいこと)
【背景・課題】
●グローバルアラインが進み、行き過ぎた成果主義で個人主義に走ってしまいがちな状況が続いていた。
●チームワークが必要な業務では弊害が出る可能性があり、評価につながらない仕事を軽視する状況が続いていた。

【転職の目的】
●チームワークを重視して仕事をする。
●モチベーションを保ちながら、チームや組織全体で仕事のパフォーマンスを上げる。

2.ワークライフバランスを改善したい
【背景・課題】
●過度な残業や休日出勤があり、長時間勤務が常態化している。
●夜は深夜に帰宅し、休日出勤も多くあり、入社当初から続いていた。
●子供が6歳、2歳と小さくまだまだ手が掛かる。

【目的】
●ワークライフバランスを改善したい(仕事と生活のより良いバランスを保つというのが目的です)。

【効果】
●家族との時間を増やす。
●プライベートを充実させ仕事へのモチベーションもアップし、目的を持って生産性を上げる。
●余暇時間をスキルアップに充てる。

■ 転職の軸

●情シス部門にて方針策定、企画検討に携わる。
●稼働時間は下げるが、年収は下げない(上げる)。

■(株) エリートネットワークさんとの出会い

●転職サイト経由で、転職カウンセラーの梨本さんからメールを頂く。
●『転職体験記(掲載数 日本一)』とあり、面白そうだなと感じ、面談を依頼した。

■ エリートネットワークさんの他社との違い

ありきたりの求人案内、職務経歴書の添削、面接対策ではなく、私・家族の状況をご配慮頂き、親身になって一緒に転職活動を進めることができたことがエリートネットワークさんに決めた理由です。

梨本さんからは転職の軸【稼働時間は下げるが、年収は下げない】をベースに実現できる転職先を複数社ご紹介頂きました。
色々会社の事情や実態をご存じで、会社選びの際に大変参考になりました。

また、コロナ禍で逆にオンライン面談をしやすくなったということもありますが、こまめに連絡を頂き、親身になって一緒に作戦を考えて頂きました。
内定までの流れはざっくり以下の通りですが、重点的に「3.企業研究」、「4.面接対策」のご指導を頂き、結果短期間で優良企業からの内定受諾ができたと思っております。

 1.転職目的を明確にする
 2.職務経歴書を作成する
 3.企業研究を行う
 4.面接を受ける
 5.内定受領後、入社を検討する

最終面接で役員の方から「エリートネットワークさんの紹介なら大丈夫」とおっしゃって頂いたのは、一番印象に残り、嬉しい場面でもありました。

■ 転職活動

1.意識したこと、力を入れたこと
梨本さんからのアドバイスで企業研究に充分な時間をかけました。
新卒採用ページ、会社のホームページ、IRの熟読など、企業理解をより深めることができました。

2.転職活動を通じて学んだ点、反省点
転職する・しないに関わらず、普段からスキル・経歴は棚卸をしておくべきだと感じました。自らのキャリアを見直すことになりますし、今後のキャリアプランを考える上でも大変有益な情報となります。

私の場合は、日系の大手Sier(日系企業)⇒外資系のコンサルティングファーム⇒財閥系の事業会社と経験でき、希少価値を上げることができたと感じてます。

■ 次の職場にかける意気込み

これまでのキャリアを生かし、事業会社(日系企業)の情シス部門へ転職します。
これまでの経験を活かし、即戦力として企業をリードできるよう努める所存です。

■ 転職を予定されている方へ

定期的なキャリアの棚卸、入念な企業研究をすることが転職成功のポイントかと思います。

また、小ネタですが一次面接はオンライン面接が大半かと思います。
第一印象は大事ですので、最低限WEBカメラ、マイクはノートPC付属のものではなく個別に準備し、照明を当てて顔色を良くすることをお勧めします。
ガジェットの準備も転職活動をうまく行かせるためのモチベーションとなりました。

転職活動を通じ、エリートネットワークさんはとても信頼できるエージェントと感じております。
感謝してもし切れません。
皆様もエリートネットワークさんへ相談してみては如何でしょうか。

この転職者を担当したカウンセラーに
転職相談したい

この記事をご覧になったあなたに

転職体験記を絞り込み検索 全ての記事一覧は
こちら