本日現在1359
/ バックナンバーも全て読めます

プラントエンジニアリング会社の土木技術者、家族の出身地の再生可能エネルギー会社へUターン

プラントエンジニアリング会社の土木技術者、家族の出身地の再生可能エネルギー会社へUターン

No.1312
  • 現職

    資本金100億円超の再生可能エネルギー事業会社 地方の発電所 土木技術者

  • 前職

    東証1部上場 大手プラントエンジニアリング会社 土木技術者

宇田 浩二 氏 32歳 / 男性

学歴:国立大学 工学部 土木工学科 卒
国立大学大学院 土木工学専攻 修了
TOEIC 860点

① 学生時代の就職活動

小さい頃から漠然と海外への憧れがあり、それと同時に、日本と比べて恵まれていない発展途上国の現状を学ぶ機会もあり、地球環境問題に意識が向いていた学生時代でした。大学時代は海外インターンシップ、サークル活動等を通じて、異文化の中でチームで一つの目標に向かい活動することへの喜びを覚えるようになりました。

そのような背景から「海外 × チームワークの発揮できるプロジェクト遂行 × 発展途上国に貢献」を軸に考え、就職活動を進めました。総合商社や海運等も視野に入れていましたが、工学部で学んだ技術も活かせると考え、エンジニアリング業界に入ることを決めました。

② 新卒で入社した会社での業務経験や得たスキル

就活時の想定通り、入社1年目から海外駐在ができ、その後も立て続けに数か国の現場や設計事務所での執務を経験することができました。体力的にはかなりハードな気候や環境ではあったものの、若手のうちにできる貴重な経験と考え、日々努力しながら全力で仕事に打ち込んでいました。

いくつか部署異動も経験したことで、専門技術やプロジェクト遂行力に加えて、新しい環境やポジションでの順応スキルもある程度身に付けながらキャリアを積んできました。

③ 転職活動を始めるきっかけ

しかしながら年々業務量が増えていき、慢性的な平日深夜残業・休日勤務等、子供が生まれてからは特にワークライフバランスを保つことを難しく感じていました。また社内の上司を見ても、決してプライベートの時間を確保されているとも思えず、この会社でずっと働き続けることに疑問を持ち始めたことが転職活動を始めたきっかけです。

また世界的なSDGsの流れから、石油ガスを扱うエンジニアリング業界に逆風を感じました。新しい環境でキャリアを積むためには、どのような求人案件が自分にマッチするのか知りたく、まずは情報収集をするつもりで転職活動を始めました。

④ 転職先選定にあたっての基準

転職の軸として大事にしたのは「新しいスキルの習得 × ワークライフバランスの改善」です。これから先の長いキャリアに於いて、一つの専門知識に固執せず、プロジェクト遂行能力を活かしながら新しい環境にチャレンジしたい、そして家族との時間も大切にし、後悔のない人生を送りたいと考えました。

エリートネットワークの転職カウンセラー 保坂さんからは、技術職からプロジェクトマネジメント職の他にも複数の優良企業のご提案を頂き、一旦幅広く選考に臨むことに決めました。それらの求人案件に加え、変わり種として家族の出身地でもある地方の求人案件を一つご提案頂きました。最初は全く視野に入れていなかったのですが、よく考えると決してキャリアダウンにはならず今回の転職の軸にもマッチすることに気づき、家族と相談の上で選考に進むことに決めました。

⑤ 転職活動を経て学んだこと

最初に多くの会社にエントリーしたことから、当初は書類や面接準備に追われてしまいました。本業が忙しい時期だったので、エントリーする前にもう少し求人案件を絞ることが必要だったかと思います。しかしながら、いつも電話やメール、ZOOM面談を通じて保坂さんには数多く相談させて頂き、最終的には数社に絞って面接のアレンジをして頂いたことで安心して選考プロセスに注力することができました。夜遅くにも付き合って頂いた保坂さんには感謝です。

また、もう一つ転職活動で重要だと感じたことは「家族との会話」です。転職は自分事だとしても、今回の転職のように勤務地が変わることもありますし、働き方や収入は変動し、少なからず家族の生活へも影響します。転職に対して前向きに応援しているとしても、多少不安に感じる部分もあると思います。そこで、転職候補先のメリット・デメリット等を家族と共有しておくことで、転職後に大変なことがあっても安心して支援してもらえると思います。
転職活動を通じて、仕事のみならず人生で大切にしたい暮らし方を夫婦で再確認できたのも良い機会だったと思います。

⑥ おわりに

最終的に転職先に選んだ再エネ事業会社は、前職と似ているようで環境負荷の面では新しい分野を取り扱っていますので、少しでも早く実務スキルを身に付け、会社に貢献していきたいです。事業者側の発注する立場として、エンジニアリング業界よりもさらに幅広い視野を持って仕事に邁進したいと思います。

最後に、このような円滑な転職活動ができたこと、そして家族で出身地の地方へ戻るチャンスを得られたこと、すべて保坂さんの全面的なサポートのお陰です。この場を借りて、改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

この転職者を担当したカウンセラーに
転職相談したい

この記事をご覧になったあなたに

転職体験記を絞り込み検索 全ての記事一覧は
こちら