本日現在:1213 転職体験記
No.631

27歳、外資ブランドマネージャーから、最大手調味料メーカー総合職へ

前職
P&G    アシスタントブランドマネージャー
現職
東証一部上場 最大手調味料メーカー  総合職 法人営業担当
佐藤 淳 氏 / 27歳
慶應義塾大学 法学部 政治学科 卒
TOEIC 920点
体育会 スキー部

はじめに

正直どのように転職活動をすべきか行き詰っていました。
私自身、転職は2回目。1回目は会社の状況によるものではありましたが、社会人経験3年強で2回目の転職。まわりから見たら自分の経歴はどう見えるのか、そしてどのように自身のこの状況を説明し、自分を売り込み、オファーをもらうか、なかなか想像がつかず悩んでいました。

その中で転職エージェントを探そうと思い立ちました。
理由はエージェントが無料で0.5次面接をしてくれる場だと感じたからです。ある程度自分にチャンスのある企業を推薦してもらうことで、日々の業務と転職活動を両立しようと思いました。

(株)エリートネットワークとの出会い

そこで早速インターネットで探しました。はじめの印象は 「エージェントは星の数ほどなるんだな」 というもの。その中で、私は2つの基準を持ってエージェントを選びました。1つ目はあまり大きくないところ。2つ目は自分に特定の担当者が付いてくれるところです。理由はやはり自分をよく知ってもらい、その上でフィット感のある企業に推薦してもらいたかったからです。そのため、担当者とどれだけ深く話ができ自分のことを見てもらえそうかを考え、いくつかに候補を絞りました。

その候補の一つになったのが(株)エリートネットワークでした。
正直に言うと(株)エリートネットワークという名前がちょっとダイレクト過ぎるなという印象でした。ただあまり会社の規模が大きくなく、専任の担当者がついてくれるということだったので、第一関門はクリア。それからクチコミを調べました。ここで心配が大きくなりました。クチコミにいいことが書かれていないのです。「担当者の態度が悪い」や「すぐ推薦を断られた」など。一旦はエージェントの候補から消えました。

ただ、物は試しだと思いとりあえず登録をしてみました。すぐにお電話を頂き、高橋さんという方が対応して下さいました。自分と共通点があるし、自分の状況をよく聞いてくれ、質問もとても効果的、これはいいかもしれないと思ったものの、まだ疑念が晴れませんでした。この人は本当に自分のことを判ってくれようとしているのか、もしくはただ調子がいい人なのか。
そこで実際お目にかかってみることに。銀座のオフィスに伺いました。クチコミでは小さいぼろいオフィスと書いてありましたが、行ってみるとかなりきれい。高橋さんと直接話してみても全くネガティブな点が見当たりませんでした。ここはもう腹を割って聞いてクチコミが悪い理由を伝えて、それに対する答えを聞いてみるしかないと思い、聞きました。

「御社は口コミでの評価に悪いことも書かれていますが、何か問題があるのではないですか?」
とても失礼な質問ではあったと思いますが、こちらも今後のキャリアがかかっているので、聞かずに帰ることはできませんでした。

回答はとても誠実で的を射たものでした。
「エリートネットワークの従業員数は限られており、ご登録下さった方すべての人の担当として業務はでき切れない。よって正直に推薦できないものはできないとお答えする。それはお客様に対しては申し訳ないですが、お客様の時間、労力の短縮にもなる。」

何か言い訳のような言葉が出てくるのかと想像していた自分にとってとても納得のできるものでした。やはり、最初の面談・カウンセリングは0.5次面接なのだと感じました。これは限られた時間で転職活動をするにはとてもいいプロセスだと思います。ここで推薦してもらえなければ他のエージェントを当たればいいと思います。星の数ほどあるのですから。自分の志望する会社を受ける前にここでリスクフリーのスクリーニングをかけてもらうのはとてもいいと思い、また、0.5次面接であっても推薦してもらえないという回答がくれば気分は良くないであろうなと、クチコミにあったネガティブなコメントについても納得がいきました。

(株)エリートネットワークと念のため、他の大手エージェントにお願いすることに決めました。

転職活動

すぐに転職活動は始まりました。5月頭に活動を始めたので、(株)エリートネットワークとの面談の後すぐにゴールデンウィークに入りました。
ゴールデンウィークに入り間もなく、是非受けたかった企業のエントリー締め切りがゴールデンウィーク明けの初日の朝9時にあることに気付きました。既にゴールデンウィークに入っていたので焦りました。
とにかく連絡を取らなくてはと大手のエージェントに連絡をしましたが、全く連絡が付きませんでした。休日なので当然です。だめもとで(株)エリートネットワーク高橋さんに連絡をしました。すぐに連絡が返ってきました。正直驚きました、同時にとてもほっとしたのをよく覚えています。

高橋さんはすぐに対応して下さり、締め切り迄に書類を提出することができました。
書類についても添削して下さったり、率直なコメントを下さったりととても助かりました。

書類提出の後、すぐに1次面接に呼んで頂けることとなりました。
1次面接に向けてのアドバイスもお願いをしました。ただ最初のアドバイスは甚だぶっきらぼうなものでした。

「対策の必要なし! 佐藤さんの勢いを見せてきて下さい」

「それだけ?!」 と少し面喰いましたが、高橋さんを信じることにしました。
面接に行くとその通り、自身の性格や意気込みを中心に聞かれました。高橋さんのおっしゃる通りだったと驚いたのを覚えています。

2次面接に向けてのアドバイスは一転、詳細に渡るものでした。

「志望動機に佐藤さんの正直な思いを組み込んで下さい。佐藤さんは長期的なキャリアを形成したいのですよね。あちらの企業も長期的に働いてもらうことを願っていますから、それを志望動機の中に入れ込んで下さい。」

スピーディーにキャリアを築いてゆく風土の外資系の企業で働く者としては、長期的なキャリアの形成を望んでいると面接でわざわざ言う必要はないと思っておりましたが、応募者の価値観と採用側のニーズが合っていることをアピールすることが大切だと気付きとても勉強になりました。
実際に面接でもそれを積極的に話していくことで、双方の期待が合致するという結果が得られたのだと思います。

数々のアドバイスについては書いても書き切れませんので、すべては紹介しませんが、やはりそれに加えてご尽力頂いた点は、私自身を積極的に各企業に売り込んで下さった点であると思います。2度目の転職で、転職回数が多いのにも拘わらず、長期的なキャリアの形成を希望しているということはなかなか信じて頂けるものではないと思います。採用する企業側からしても、長く働いてくれるのだろうか? と大きな疑問を持っておられたと思います。そこを粘り強く、払拭して下さったことでオファーがかなり近づいた要因だと感じています。
専任の担当の転職カウンセラーに付いてもらい、深く自分を理解してもらうことで得られる結果であると感じています。

結果、面接開始から3営業日での3回の面接を経て内定を頂くことができました。

最後に

(株)エリートネットワークが自身の転職活動に効果的に働いた理由は2つです。

(1) 自身のバックグラウンドを判ってもらうことで、フィット感のある会社に推薦してもらえたこと。
(2) 0.5次面接をして頂き、その上で企業に強く売り込んでもらうことで、そのフィット感のある企業への内定が大きく近づいたこと。

本当に短期間での濃い転職活動でしたが、本当にたくさんのサポートを頂き、良い結果を出すことができました。
ゴールデンウィーク中に高橋さんにご対応頂けていなければ、希望していた企業に応募できず、内定を頂くこともできませんでした。
これからも高橋さんとは長くお付き合いさせて頂ければと願っております。勿論転職活動をもう一回する時に、という意味ではありませんが。

最後になりましたが、中身の濃いサポート、本当にどうもありがとうございました。

体験記検索

職種
業種
キーワード
資格
年収
年齢層を指定
第二新卒
女性の体験記
年齢入力 ※半角数字で入力して下さい。
職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか43社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2020 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する