職務経歴書の書き方

コラム 職務経歴書作成のアドバイス

① 個人応募の場合と、人材紹介会社経由の場合の違い

転職活動で、個人で企業に職務経歴書を郵送する場合と、人材紹介会社を経由して応募する場合とでは、状況が違います。

個人応募の場合

公募の場合、昨今の労働マーケットの状況では、企業には膨大な数の職務経歴書が送られて来ます。個人で送った職務経歴書は、その中の一通として扱われます。企業の人事部では、人数も時間も限られているため、一通の職務経歴書に目を通すのに割ける時間は、せいぜい数分といったところでしょう。このような状況では、いかに簡潔に判り易く、ポイントを強調した職務経歴書を作るか、ということが大切になってきます。

人材紹介会社経由の場合

人材紹介会社を使う場合、企業は、Feeを支払ってでもより有能な人材を確保したいという思いとともに、人材紹介会社に、候補者への適切な企業説明と一次スクリーニングを期待しています。そのため、信頼できる人材紹介会社から推薦された候補者に対しては、実務スキルも人物としても、ある程度の数の中から絞り込まれており、そこそこ良い人材に違いないという期待の下に、好意的に職務経歴書を見るはずです。

伝えるべきことは全部盛り込んで頂いてかまいません。その結果、職務経歴書が多少長くなってしまっても大丈夫です。応募企業には事前説明の上、職務経歴書が渡りますし、企業のキーマンや採用決定権者に対して、直接推薦してもらえる場合もあります。候補者の代わりに職務経歴書をばら撒くのではなく、信頼でき、候補者の代わりに長所や強みを的確に伝えてくれる代理人(エージェント)だと思える人材紹介会社に出会えたなら、職務経歴書のフォーマットや長短を気にする必要などないと言っても過言ではないでしょう。

職務経歴書サンプル

20職種以上の職務経歴書のサンプルを用意致しました。職務経歴書作成にお役立て下さい。

職務経歴書サンプル

職務経歴書の書き方はこちら
履歴書の書き方はこちら

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
転職ノウハウ
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2021 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する