転職カウンセラーが、日々の業務の中で感じたことを綴っています。
統計数字やニュースからはつかみづらい"マーケットからのメッセージ"に触れて下さい。

聴導犬のはなし

恥ずかしながら、耳にした事も、目にした事もなかった“聴”導犬の話を初めて伺った。
NPO法人聴導犬育成の会の代表・松田治子さんから。
盲導犬や介助犬については、なんとなく知ってはいた。
しかし、“聴”導犬には、全く初対面ながら、その賢さに敬服。
12時間は排泄しない訓練まで施されているとは。。。。。

耳の不自由な主人に対して、
吠える事なく危険音を知らせ、その音の発生源迄誘導したり、
自らのアクションを通じて安全な対処を促す本当にスグレモノ。
例えば、待合室等で、主人の名前が呼ばれた際には、
主人の身体にタッチして知らせること迄も出来る。

ところが、“聴”導犬は、盲導犬や介助犬の様に、犬種や身体の大きさの制約は無く、
現時点では、ほとんどが、捨て犬として保健センターや愛護団体に収容された
雑種の犬を貰い受け、ゼロから、トレーニングを始めるという。
気の遠くなる様な道のり。
訓練士は24時間態勢で育成し、訓練し、そして厳しい試験に合格して初めて、
晴れて、“聴”導犬として、主人に引き渡されデビュー出来るのである。

この様に、良いことづくめの“聴”導犬であるが、
現在、日本には、たった19頭しか存在しない。
(cf:盲導犬は、約1,050頭程、活躍中)
これでは、現在、約31万人の聴覚障害者には、正に焼け石に水。
少しだけでも、応援させて頂きたいと心から思えた次第である。

(No.181/M 記)

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
転職ノウハウ
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2021 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する