転職カウンセラーが、日々の業務の中で感じたことを綴っています。
統計数字やニュースからはつかみづらい"マーケットからのメッセージ"に触れて下さい。

そんな大きな物まで、船で運んでいるとは!

普段、我々一般人は、あまり目にすることはないが、広い海の上を様々な荷物が、船で運ばれている。
原油や石油は、タンカーで、鉄鉱石や石炭は、バラ積み船で、消費財は、コンテナー船、人間は、言わずと知れた客船、そして、自動車は、自動車専用船に積み込まれる光景が、時折ニュースでも放映される。

陸上に置き換えると、液体はタンクローリー、砂利を積んだダンプカー、コンテナーは、トレーラーで牽引されたり、貨物列車にも積まれるし、人間は、バスやタクシーで、自動車は、固定されて専用のトレーラーに乗せられている姿を目にする。

この様に見てみると、物流も交通も実に上手い具合に社会システムとして、機能している。

先日、海運会社の取締役から教えて頂いたのは、
近年従来とは異なる概念から生まれる荷物が増えており、しかもとても巨大な荷物であると。
興味津々で尋ねてみると、建築物や鋼鉄製の構造物を岸壁からスライドさせ、そのまま、船に積み込んで運ぶという壮大なプロジェクト。

具体的には、海外の石油掘削現場で使用するプラントや原油を精製する化学コンビナートの設備を、積載可能な限り、事前に国内で組み立ててしまい、現地での工事を極少化するのが目的だと。
その方が、海外の目的地で、技能工や職人さん達を集め、指揮し、施工するよりも、現場毎の条件が日本と大きく違う為、コストも納期も品質も担保し易いという明解な理由。ナルホド。

つまり、この様な巨大なプラントやその部分が、重量物専用船で、海を渡ってゆくのである。このやり方なら、日本国内の雇用や技術力は空洞化しないし、逆に、1案件毎のノウハウの蓄積で更なる高度化が期待出来る。
日本の産業の隠れた底力、まだまだ捨てたものでない。

(No.167/M 記)

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
転職ノウハウ
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2021 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する