本日現在1375
/ バックナンバーも全て読めます

戦略コンサルタント、外資系ファームから日系大手金融機関へ

戦略コンサルタント、外資系ファームから日系大手金融機関へ

No.1154
  • 現職

    国内 大手金融機関 人事戦略コンサルタント

  • 前職

    一部上場 グローバルメーカー 技術系総合職
    外資系 戦略コンサルティングファーム 経営コンサルタント

栗原 武 氏 30歳 / 男性

学歴:早稲田大学 創造理工学部 総合機械工学科 卒
TOEIC 715点

転職のきっかけ

大学卒業後、素材関連の国内事業会社にて企画業務を4年半ほど経験した後、「もっと新しいことがしたい、経営視点でのビジネスを作りたい」という思いから、外資系コンサルティングファームに転職しました。

マーケティングやSCM、経営管理など多様な経営コンサルティング業務に従事している中で、「自分の専門分野・フィールドを掘り下げるより大きな価値を創造したい」「来たるAI時代を勝ち抜くため、真の意味で経営者・会社を変革していくお手伝いがしたい」という思いが強くなってきたため、転職を決意しました。

転職期間中

転職活動を始めるにあたりいくつかの転職サイトに登録したところ、(ご縁があり)サイト上に掲載されていた案件を通じエリートネットワークさんからお声がけ頂きました。

初回面談で転職カウンセラーの高橋様、梨本様とお話をさせて頂きましたが、単に希望の求人を紹介するのではなく、先ずは私の人となりや今後のキャリア・人生について突っ込んだ質問も交えながら把握され、その上で、求人票には書かれていないリアルな内情もご教示頂きながら、応募すべき企業群の方向性を絞り込んでいきました。振り返るとこの時の印象がとても強く、非常に手際良く納得感もあり、既にお二人に任せてみようと考え始めておりました。

その後は、第一希望とする会社から無事に内定を頂くことが出来ました。

活動を終えて

初めてエリートネットワークさんを訪れ約半年が経ちますが、あの時、高橋様、梨本様のお二人に出会わなければ、現在も転職活動をしていたかもしれません。
振り返ってみると、仕事が忙しかった中でもスムーズに進められるような面接日程の調整や、面接が通らなかった際は具体的な改善ポイントを一緒に考えて頂いたり、転職活動という長い道のりを途中路頭に迷うことなく最後まで伴走して頂いたからこそ、完走できたのだと感じております。

改めてこの場をお借りして、高橋様、梨本様に感謝致します。
本当にありがとうございました。今後ともお身体にお気をつけ、益々のご活躍を祈念いたします。

この転職者を担当したカウンセラーに
転職相談したい

この記事をご覧になったあなたに

転職体験記を絞り込み検索 全ての記事一覧は
こちら