本日現在:1169 転職体験記
No.789

26歳コンサル、人事コンサルティング専業から総合コンサルティングファームへの転職

前職
日系人事コンサルティング会社   人事制度設計コンサルタント
現職
グローバル展開する総合コンサルティングファーム 人事コンサルタント
富島 良太 氏 / 26歳
東京大学 文学部 行動文化学科 心理学専修課程 卒
運動会 競技ダンス部 卒部
TOEIC 810点

新卒での就職活動の軸

元々私は大学時代、心理学を専攻しており、組織内の人間行動に関心があったことから、就職活動をする際は、漠然と人の行動・モチベーションに関わる分野で仕事をし活躍していきたい、という思いで活動していました。
また、大学時代、高校生への家庭教師と進学相談のアルバイトを行っており、他に食品工場での業務改善プロジェクトへのインターン経験があったことから、自分の経験・知識・分析を通して解決策を提案する仕事 = コンサルティング という業界にも関心を持っていました。

そのため、実際の就職活動では、メーカー・商社で人事部志望、コンサルティング会社では外資・日系を含めて幅広く受けることを考えました。しかし企業研究・面接を続けるうちに、日系の事業会社では人事業務と言っても、社員の人員配置・ローテーションで担当する業務の一部であること、コンサルティング会社でも最初は所属部門を決めずにアサインが決められ、人事案件のコンサルティングに関われるかは未知数であることが分かりました。

なぜ新卒で日系人事コンサルティング会社に決めたのか

就職活動をする中で、人事コンサルティングをメインに行っている外資系コンサルティング会社では採用自体は行っていましたが、中途採用が殆どであり、新卒採用は一般的でありませんでした。そのため新卒時点で志望にマッチするような職業選択をすることは、困難な状況でした。
そのような状況ではありましたが、改めて人事分野の仕事がしたいという自分の志望に忠実になり、会社説明会や大学の先輩の情報とは別に自分で人事の仕事を手掛けている企業を探した結果、少数精鋭で人事コンサルティングをメインに行っている日系のコンサル会社に大学4年の5月頃に出会いました。

採用関連のメディアにもあまり露出していない会社でしたが、自分からコンタクトを取り、入社の志望を伝えた結果、書類選考を受けさせて頂くことになりました。
1時間半の面接が5回とハードなものでしたが、面接でご担当頂いた社員の方がとても優秀であり、且つ一緒に仕事をしていきたいと思い、毎回根気強くケース面接に取り組んでいきました。その結果縁あって内定を頂き、入社を決意することになりました。

なぜ、今回の転職を考えるに至ったのか

新卒で入社してからは、主に人事制度改定や報酬シミュレーション、目標管理制度の改善や評価者研修のプログラム設計等のプロジェクトに従事し、人事に関わるハードの部分の設計を経験してきました。会社自体が少規模であったため、一人の裁量が大きく、若手ながら人事という企業の裏側全般に関わる仕事ができたのは、なかなか同年代で経験できることではなく、やり甲斐のある良い経験でした。

しかし、入社して2年半が過ぎある程度業務に習熟していく中で、人事を人事のみの視点で語るのではなく、より経営や財務・会計などの視点から語れる方が仕事として面白いのではないか、と感じ始めました。
また、少人数で仕事ができることの裏返しとして、他の会社に比べチームで仕事をする経験が少なくなりがちでした。そのため、今後のキャリアを考えた時に、組織で仕事をする上でのコミュニケーション能力・マネジメント能力が身につかないのではないか、という不安をこの頃持ち始めていました。

加えて人事業界の今後を考えた際、将来的に国内の経済が縮小していき、海外に日系企業が出ていくことは必至である中、海外進出支援の人事業務の重要度は現在も高く、今後も益々高まり続けると考えられるため、この分野で新たにキャリアを積んでいきたい、という思いも徐々に出てきていました。

(株)エリートネットワークさんを選んだきっかけ

以上のような理由から、入社して2年半経った頃から、仕事と並行しながらいくつかの転職エージェントの方とお会いし、転職活動を開始しました。(株)エリートネットワークさんについてはインターネットの検索でHPを拝見したのが最初の接点でしたが、他の転職支援の会社と違いHPに詳細な 『転職体験記』 が多数掲載されており、転職活動に関して具体的なイメージを持つことができたのが印象的でした。

実際に(株)エリートネットワークさんへ伺った際にご担当頂いた転職カウンセラーの大森様は、案件の紹介や一般的な面接対策に留まる他のエージェントの方と違い、カウンセリング後も密にご連絡を下さり、また私という人物の人となりを見てマッチング度の高い求人案件をご紹介頂いている感覚がありましたため、最終的にはアプライする案件の大部分をお任せすることにしました。

なぜ今回の企業に決めたのか

転職活動の際は、「チームで仕事ができること」 「できれば複数のサービス (経営・財務・会計等) を展開していること」 「海外進出支援 (海外案件) に従事できること」 を軸に、主に外資系の人事コンサルティングファーム、総合系のコンサルティングファームの人事サービス部門、事業会社の人事部、を中心に5社程度を受けました。

一口に人事コンサルだけとっても、当然企業規模やプロジェクトの推進体制、アサイン状況が異なり、面接でも社風面で合う・合わないが出ましたが、その中でも上記の軸を全て満たしており、特に海外進出支援に注力・拡大をしている総合系のコンサルティングファームの人事ユニットが、第一志望になりました。こちらの会社では実際の面接でも好感触を頂くことができ、最終的に内定を頂けたため、入社を決意致しました。

また、年収については 「維持できればありがたい」 くらいの気持ちでいましたが、内定を頂いた企業が好業績・拡大時期ということがあり、結果的には1.5倍ほどの年収アップとなりました。大森様には 「富島さんの年齢で、このような待遇での転職は非常に稀です。感謝の気持ちを持って次の会社で大活躍して下さい」 との言葉を頂き、素晴らしい転職になりました。

最後に

転職活動全体を通して、一言で申しますと(株)エリートネットワークさんは 「丁寧」 な人材紹介会社であるとの印象を持ちました。対企業の採用担当者への折衝と対転職希望者への応対を同じ方が担当されていることが要因であると思いますが、求人案件の紹介一つとっても 「あの会社は今○○○○○の様な考えなんですよ」 というような生々しい情報を聞くことができ、且つその情報を活かして、転職希望者個人個人のパーソナリティを踏まえたマッチング・人事部へのご紹介を頂けたように思います。
また大森様とは各社の面接の後には毎回面接後の感想・今後の対策についてご相談する機会や定期的なご連絡を頂き、不安なまま一人で進めがちな転職活動を影で強力に支えて頂けたと思います。

更に、転職が決まった後の会社との退職コミュニケーションについても迷うところがあったのですが、的確なアドバイスを頂き、転職に関わる全てのプロセスにおいてプロフェッショナルなサポートを頂けたと思っています。3ヶ月という短い期間でしたが、初めての転職を無事終えることが出来たことは大森様、(株)エリートネットワークさんのお陰だと心より感謝しています。

コンサルティング会社という人材の流動性の高い業界で仕事をしていくため、今後も転職を考える機会が出てくるとは思いますが、そのような際はまた是非、大森様にご支援頂きたいと思います。 誠にありがとうございました。

体験記検索

職種
業種
キーワード
資格
年収
年齢層を指定
第二新卒
女性の体験記
年齢入力 ※半角数字で入力して下さい。
職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか43社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2019 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する