本日現在1559
/ バックナンバーも全て読めます

転職の軸(テーマ)は、東日本大震災の復興!!

転職の軸(テーマ)は、東日本大震災の復興!!

No.477
  • 現職

    公益法人 総合職

  • 前職

    中堅 広告代理店 アカウントプランナー

佐々木 幸成 氏 28歳 / 男性

学歴:私立大学 経済学部 経済学科 卒

前職について

前職では、某有名メディアの広告をクライアントへソリューション営業型の手法で提案・販売をしてきました。
業務内容は、1.既存クライアントの維持・拡大営業。2.クライアントの課題に基づき最適なAdvertise Communication Planningの実行。 3.Creative Design の Direction を仕事の中心に行ってきました。
前職を選んだ経緯は、出身が地方の田舎だったため将来的には地方経済の活性化に繋がる仕事に就きたいと考えていたこと。小学校から大学まで学内イベントや個人主催のイベントの企画・宣伝・実行を行ってきたので、地方経済の活性化と広告・宣伝に携われる仕事だと考え前職を選びました。

転職のきっかけ

前職では、広告のAccount Planner として年間目標の達成や社長賞の受賞と実績を積んできました。しかしながら、クライアントからのメディアに対しての抜本的な課題を個人で解決する事が出来ず、社内でProject team を立ち上げ、社長を含めた取締役へプレゼンテーションを行ったのですが、大手企業の孫会社という立ち位置や法律の問題、年功序列の社風など様々な要因で提案は却下されてしまいました。
受け身の姿勢で働いて行かざるを得ない会社では、自身の成長が止まってしまうという危機感と、前職の経験を活かし仕事の幅を広げ地方経済に貢献できる仕事に就きたいと考えるようになり転職を決意しました。

転職後

たまたま、いいお話を頂いた企業が故郷に本社を置く企業だったため実家に帰郷し、フリーランスの営業職として地元活性化に繋がる地域ブランド商品の開発プロジェクトに参加させて頂けることになりました。商品プランの企画や協力会社や団体との打ち合わせを進めていたのですが、3.11の大震災により、故郷が被災地となり、Projectは凍結されてしまい改めて転職活動を行わなければならなくなりました。

震災後

Project が凍結したことへのやるせなさも当然ありましたが、日々メディアから伝わってくる震災の情報や被災者の情報に胸を痛め、「自分が出来ることは何か?」 を毎日考える日々が続き、ボランティアに参加をしたり、前職でコピーライターを経験したこともあり、SNSを使い 「励ましの言葉」 を発信したりと微々たる活動を行っておりました。
しかし、故郷が放射能からの風評被害により、人権侵害の域にまで達したこと。個人で出来る事の少なさ。無力感に苛まれました。

奮起して再度転職活動

打ちひしがれた心を奮い立たせ 「もう一度転職活動を行う」 と決めたのがゴールデンウィーク後でした。転職活動のテーマは、震災復興と地域活性化というキーワードを設けて行うことを決めて活動を開始しました。
先ずは、数社の某有名転職サイトへの登録と、数社の大手求人紹介会社へ登録をして求人案件の紹介を受けました。
某大手求人会社のエージェントの方はカウンセリング時に今後の私の人生プランを聞いて下さったのですが、「前職の経験から紹介できる求人は限られてしまいます」との回答を頂いてしまい、広告関連の会社や求人数の多い医療・介護系の案件を紹介して頂きました。

自分の中でこれは違うと思いながらも、地元と東京を面接で往復する日々。
面接で重ねる小さなウソ。自分のキャリアを恨みもしました。
転職活動を始めて1ヶ月で地域貢献性の高い会社の最終面接の連絡が入り、面接に伺ったのですが、1次・2次面接と自分の進みたい方向性と先方の考え方に薄々ギャップを感じていたため最終面接の結果は当然NGでした。
ここで転職活動方針を変更し、自分で興味のある会社や仕事を求人サイトでエントリーを行ったり、WEBで企業の代表者へ直接連絡を行うなど、自分主体で求人を探すようにしました。時間も手間もかかりましたが、自分にウソをつくことなく仕事に向き合うことが出来たと思います。しかし、結果は当然の如く書類選考落ちが続きました。

(株)エリートネットワーク 転職カウンセラー杉本様との出会い

転職活動も2ヶ月が経過した頃、某有名転職サイトからプライベートでオファーを頂きました。オファーを受諾したきっかけは、他のオファー主は私の希望していない業界や職種のオファーだったのですが、杉本様から頂いたオファーは私が興味を持てて成長できる会社の求人案件だったのです。もしかしたら、杉本様であれば私の希望する仕事を紹介して下さるかもしれないと考え、オファーを受けたことがきっかけです。

杉本様との二人三脚の転職活動

最初にお電話を頂いた際には、私が故郷に在住していたため、杉本様からの 「お会いしてお話ししたい」という希望に沿う事が出来ず、電話とメールのやり取りで数社案件をご紹介頂きました。杉本様に担当して頂いて3週間目。「ぴったりの案件をご紹介します。」とご連絡を頂き、3.11復興に尽力する 「公益法人」 の求人案件のご紹介を頂きました。
公益法人ということで、利益関係を考えずに、純粋に東北地方の震災復興が出来る。地域貢献が出来る。自分の成長に繋がる仕事だと考え、エントリーをしました。

その後の展開の速さには驚きました。エントリー翌日。「書類通過の連絡が入り、面接日の調整です」 とご連絡を頂き、1次面接も被災地に居住している私に配慮して下さり、スケジュールの調整をして頂きました。1次面接から最終面接まで1週間で調整をして頂き、内定を頂くことが出来ました。トータルで2週間位のスピードです。
また、私が面接時に困らないようにと、先方との橋渡しや、私が勝手に作成した面接時に提出した資料にも目を通して下さり、アドバイスを頂きました。
また、入社前も台風の影響で引っ越しが遅れてしまうことになるかもしれないという私の事情を汲み取って頂き、入社日に関する調整も先方と丁寧にして頂きました。本当に杉本様と出会う事が出来て良かったと感謝しております。

最後に

3.11で被災した地域や被災者の方へ1日でも早い復興を心から願っております。
また、震災の関係で職を失ってしまわれた方で今後仕事を探されることになった方へ。
今は本当に辛いかもしれませんが、必ず活路は見出せると思います。私もその一人でした。

今迄に積み重ねてきたキャリアを活かせる仕事や、全く別の仕事へキャリアを変えることだって可能なはずです。
先ずは、小さな一歩を踏み出すことから動き出してみませんか? その積み重ねがきっと大きな歩みになって震災復興に繋がるかもしれませんし、新しい人生を歩むきっかけになるかもしれません。
私は、今後の人生で震災復興という道を選びました。被災された皆様の力になりたい。
東北地方全体の活性化を支援していきたいという強烈な思いがあったからです。

自分の思いを実現して下さい。
あなたは一人ではありません。助けてくれる人、努力を見ていてくれる人が必ずいます。そして、仕事で迷うこと、人生で迷うことがあれば、(株)エリートネットワークさんを訪ねてみて下さい。きっとあなたの力になってくれる筈です。

この転職者を担当したカウンセラーに
転職相談したい

この記事をご覧になったあなたに

関連する転職体験記

転職体験記を絞り込み検索 全ての記事一覧は
こちら