本日現在:1298 転職体験記
No.327

USCPA合格後、監査法人への転職

前職
税理士法人  スタッフ
現職
大手監査法人  財務アドバイザリー部門スタッフ
花岡 康一 氏 / 28歳
明治学院大学 国際学部 国際学科 卒
USCPA、TOEIC905点

前職では、税理士法人で中小企業を相手に税務会計の申告代行に携わっていました。仕事はそれなりにやり甲斐はあったのですが、5年ほど経験した後、①仕事の内容に少々マンネリを感じてきていたこと、②税理士業界でのキャリアの将来性に不安を持ったこと、③収入アップを目指し、転職をしようと決意しました。会社には退職するつもりの旨を事前に伝えており、不退転の覚悟で臨みました。
転職するにあたり、何か武器となる専門性を身につけたいと考え、得意であった英語と会計を活かせる資格としてUSCPAを取得しました。資格取得後、なんとか20代のうちに転職をしたほうがよいと考え、(株)エリートネットワークさんに登録しました。(株)エリートネットワークさんとは私の志望業種での案件をたくさん抱えていることをHPで知ったからでした。

転職先の候補としては、前職の経理経験と、USCPAの資格を活かせる監査法人を志望していました。面接を受け始めたばかりの頃は、久しぶりの面接だったので緊張してしまったのと、志望企業への事前準備不足のせいで希望通りの結果を得ることが出来ませんでした。
その後、路線変更をして事業会社での経理職なども受けたのですが、どうしても監査法人への志望が捨て切れず再挑戦することにしました。今回は先日の失敗を踏まえ、入念に企業研究と「自分の強みは何か? 入社して何がしたいのか?」と自分に問いかけ、シミュレーションを行い面接に臨みました。その結果、面接でも自分の言葉で語れるようになり、トントン拍子に選考が進み、約一週間という早さで大手監査法人に内定を頂きました。

USCPAの監査法人への転職は絞られてきており、かなり厳しいと認識していましたが、面接から内定までスムーズに進めたのは担当の転職カウンセラー新森さんに強く推薦して頂いたからだと思っています。
ご担当の新森さんは初めての転職であった私の話を親身に聞いて下さり、それだけで転職に対する不安を軽くすることが出来ました。また志望動機書をチェックして頂いたり、志望企業がどのようなタイプの人材を求めているかを教えて頂いたりとサポートして頂きました。

在職しながらの転職活動は、面接への時間を捻出することが難しかったり、結果が思うように出なかったりと精神的にも不安定になりがちではありましたが、色いろな会社の雰囲気を知れ、また改めて自分自身を振り返ることが出来たことなど非常に得るものがありました。最後に、初めての転職を支えて頂いた(株)エリートネットワークさんと、応援し続けてくれた方々に感謝しています。ありがとうございました。

体験記検索

職種
業種
キーワード
資格
年収
年齢層を指定
第二新卒
女性の体験記
年齢入力 ※半角数字で入力して下さい。
職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2021 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する