Webプロデューサーとは?

Webプロデューサーとは、クライアントのWebビジネス/Webサイト の新規立ち上げ~制作、納品、公開後のサイトのプロモーションといった、プロジェクト全体を統括する職業です。Webプロデューサーの仕事は、具体的にWeb制作の実作業に関わるのではなく、どちらかと言えば営業的な要素が強く、予算獲得の為にクライアントと折衝をしたり、プロジェクトを成功に導く為のリーダーとしての役割が求められます。

具体的な仕事内容は、(営業が)案件獲得後の、クライアントへのヒアリング、要件定義、企画書作成、プレゼン等を行います。また、プロジェクトに合わせてWebディレクターWebデザイナーWebエンジニアWebライターなどを手配し、チームを編成します。

制作現場の指揮・監督を行い、より良いWebサイト作りをミッショ ンとするのがWebディレクター。それに対し、制作現場に限らず、案件の入り口~出口ま でと、プロジェクト全体の統括・責任者としての役割を担うのがWebプロデューサーです 。Webサイトを使ってクライアントの目的達成や売上UPを実現することがミッションで あり、よりビジネスセンスや、経営の視点が要求される仕事であると言えます。

【Webプロデューサーに必要なスキルは?】

Webプロデューサーに最も必要な能力は、総合力であると言われて います。確かに制作に関する知識はあればプラスになりますが、そのような専門知識よりもむしろ、クライアントや関係スタッフとの折衝に必要なコミュニケーション能力や発想力、納期までに完成へと導くプロジェクトマネジメント能力、そして優秀なスタッフを手配するコーディネーション能力の方が重要です。それらに加えて、Webプロデューサーは 会社の売上に深く関わる仕事である為、数値やリスク管理といった能力も必要とされます。

そのような総合力を備えた人材であれば、異業界出身でもWebプロ デューサーとして採用する企業もあり、昨今は大手広告代理店、マスコミ、コンサルティングファーム出身者等がWebプロデュ ーサーに転身されるケースも多く見られます。

「Webプロデューサー」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか43社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2019 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する