SOX法とは?

SOX法とは、アメリカにおける企業会計や財務報告に関する法律で、企業の情報開示の信頼性を高めて投資家を保護することを目的に定められました。
ポール・サーベンス上院議員とマイケル・G・オクスリート下院議員の名前で法律を提出したことから、サーベンスオクスリー(Sarbanes Oxley)法、略してSOX法と呼ばれています。米国の企業ではなくても、米国の証券市場で株式上場をしている場合にはSOX法が適用されます。

日本においても、金融商品取引法で、2009年3月期(2008年4月1日以降に開始する事業年度)以降、全ての上場企業に対し内部統制報告書の提出が義務づけられ、さらに、「内部統制報告書について監査証明を受ける」という規定が設けられています。一般的に、これらの規定を指して日本版SOX法(J-SOX法)と呼ばれています。

会計監査制度の充実と企業の内部統制強化を目的とし、企業の会計不祥事やコンプライアンス欠如などの防止を目指すものです。

2007年2月に、日本版SOX法の実践についての詳細項目を定めた「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準」が公表されています。 米国のSOX法と比べ、日本版SOX法はITの利用と統制がより重要視されています。

「SOX法」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2022 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数1300本以上!転職体験記
フォームから登録する