フレックスタイム制とは?

フレックスタイム制とは、企業が定めた一定期間(清算期間)の労働時間の枠内で、従業員自身が始業時間・終業時刻を決定して働くことができる制度のことです。実施例は企業によって異なりますが、必ず勤務しなければならない「コアタイム」と、いつ出勤/退勤してもよい「フレキシブルタイム」に分けて実施している企業が一般的です。なお、フレックスタイム制の導入には、労使協定を締結し、就業規則にその旨を記載する必要があります。

フレックスタイム制では、清算期間における法定労働時間の総枠を超えた時間が時間外労働となり、不足分は期間内に精算するか、次に繰越されます。

1987年の労働基準法の改正により、1988年4月からフレックスタイム制の導入が可能となり、現在ではダイバーシティの一環として多くの企業で採用されている人事施策です。

「フレックスタイム制」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2021 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する