CRC(治験コーディネーター)とは?

CRCとは、Clinical Research Coordinatorの略で、医療機関において、治験責任医師・治験分担医師の指示のもと、治験の進行をサポートする職業です。具体的には、治験参加前の被験者への同意説明(インフォームドコンセント)や相談相手として被験者のケア・サポートなどの医学的判断を伴わない業務、また通院・検査スケジュール管理、服薬指導、その他治験に関わる事務的業務やチーム内の調整など、治験全体が円滑に実施できるよう支援します。

CRCとして働く場合、医療機関に所属してCRC業務を担当するケースと、SMOに所属するCRCとして医療機関へ派遣されるケースの2通りがあります。

【CRCに必要なスキルは?】

実務上、医療の知識や医療機関の仕組を理解していなければなりません。 そのため、看護師、薬剤師、臨床検査技師の方がCRC業務を担当することが多くあります。そのなかでも、医療の知識と患者とのコミュニケーション両方に慣れている看護師が最適だと言われており、昨今、SMOの中途採用では、看護師経験者が求められる傾向が強まっています。

「CRC(治験コーディネーター)」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか43社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ
企業インタビュー
技術者インタビュー
“高専卒の方はこちら”
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2018 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する