CFOとは?

CFOとは、 Chief Financial Officerの略で、最高財務責任者のことです。CFOは、企業の資金調達・運用といった財務面と経理面の最高責任者で、COOと並び、CEOに次ぐ執行役のNo.2とされます。

CFOの役割は、キャッシュフローの管理など、財務管理力を強化し、財務戦略を経営に反映させることで、経理部長や財務部長よりも、より経営的視点が必要になります。ただ単に部門の長としてではなく、経営陣の一員として積極的に経営上の意思決定(経営資源の分配や資金調達、M&Aを含む投資戦略など)に参画するポジションです。
上場企業では、社外へ公表する財務諸表の作成もCFOの役割とされています。

CFOに必要な経験・スキルとは?

会計やファイナンス全般の知識はもちろん、事業会社での経営企画事業企画の経験や、経営管理分野(コーポレートファイナンス)の知識全般が必要とされます。公認会計士資格やMBAを必須とするケースも多くあります。
未上場企業では、株式公開準備経験が必要とされることもあります。

「CFO」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2022 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数1300本以上!転職体験記
フォームから登録する