面接官は何を観ているか?

代表取締役 松井 隆

1956年、滋賀県大津市生まれ。
同志社大学(新聞学専攻)卒業後、(株)リクルートに入社。
『とらばーゆ』『月刊ハウジング』の創刊メンバー、情報通信ネットワーク部次長、34歳でHR(ヒューマンリソース)部門の部長就任、以後『ガテン』『週刊住宅情報』の部長職を歴任。1997年、(株)エリートネットワークを設立、代表取締役に就任。
著書に東洋経済新報社刊『バカな部・課長につける薬』がある。


日々、人材紹介の第一線で仕事していると、転職をお考えの方々から、実に、様々なご質問を受けることになる。

中でも、最も多いのが、「面接では、何を観られているのですか?」というご質問である。つまり、面接の際に、企業の人事部の人は応募者のどういう点に最も関心があるのかという疑問である。

そのような質問をお受けする度に、逆に、筆者は、「では、あなたご自身は、何を観られていると想像されますか?」と敢えて聴き返させて頂くことにしている。

そうすると、ほとんどの転職希望者の方々からは、実務能力や経験、専門知識の有無であるという応えが、大多数を占めることになる。

中途採用の場合には、応募者にとっては、それらが重要になってくるのは、言う迄もないことである。ところが、応募者ご本人の実務能力も経験も専門知識も、その道何年というベテランの人事マンであれば、直接会わなくても、事前に預かる履歴書や職務経歴書を熟読すれば、即座に把握することが出来るのである。言い換えれば、応募者の実務能力や任せられる仕事の守備範囲やその深さに関しては、面接以前の段階で、事前に、大方の察しがついているのである。だから、面接の場に於ては、実務能力や経験、スキルに関しては、相互確認の場となるのだという位で、間違いはない。

では、面接の場では、何を観られるのか?筆者の私見では大きく分けて2つあると思われる。

まず第一は、応募者自身が、肉体的にも精神的にも元気か!肉体的にも精神的にもエネルギーに溢れているか!という点に面接官は最も関心があると言っても過言でない。

既にお聞き及びのとおり、日本では、現在約300万人もの夥しい数の失業者が存在する。とりわけ、中・高年の人達の転職が厳しいのは、現実に社会問題化している。

ではなぜ、中・高年の方々の転職が難しくなっているのかと言えば、実務能力や経験、専門知識の面から見れば、20代や30代の若手の人達よりも、40代、50代のシニアな人達の方が、相対的にスキルフルだといえる。なのに、結果的に就労し辛くなっている。その理由は、“元気か!” “エネルギーに溢れているか!”というハードルにひっかかってしまう確率が高いからであろう。

人事マンの2番目の関心事は何か?それは、応募者が根本的に普段からどのような物の考え方をする人物なのかということである。

巷間、やる気があるかどうかが重要だと言われて久しいが、筆者から見れば、意欲的でやる気があるというのは、ビジネスマン(ウーマン)を採用する際の大きな要素ではあるものの、人物面を総合的に判断する最重要項目とはなり得ない。現にやる気が漲る人物であっても、首尾よく採用されなかったり、何回目かの面接で落とされたりしている人はいくらでも見受けられる。

では、具体的にどのようにして、何を観ているかというと、何回かの面接の場で、ご本人の希望職種やポジション、待遇をすり合わせたり、将来的なキャリアプランや仕事観・人生観ひいては、家族や趣味の話に至る迄、ざっくばらんに会話を重ねながら、応募者の人となりそのものを把握しているのである。

そのプロセスを通して、当然論理的にも感情面でも相手の考えたり想ったりしていることを理解出来るコミュニケーション力があるかどうか、素直で、嘘のない性格か、物の考え方に柔軟性があるか、転職に伴なう多少のリスクテークをしようとするマインドがあるか、腰が軽くフットワークが良さそうか、ねばり強く約束や納期を守る人かどうかという項目は、自ずと判明してくる。

このように、様々な観点で、確認を重ねてゆき、結果的に、その応募者の考え方、行動パターンが、“健全か!”という一点に尽きると思われる。

ゆえに、考え方や行動パターンが健全か否かも履歴書や職務経歴書に列記された建前の文章だけでは測り知るには限界があるので、何度か面接に足を運ぶことになるのである。

だから、昨今の様に、テレビ電話やインターネット等を介しての画像のやり取りの精度が格段に向上した時代となっても、採用の現場では、今尚、応募者と面接官が膝つき合わせて、じっくりとコミュニケーションを持つ事が不可欠とされているのである。

更に、もっと通信手段が発達したとしても、実際に足を運んで行なう面接の回数そのものが減る傾向もみられまい。要するに、どこの企業でも 1、エネルギーがあり 2、健全な考え方の人物と出会うチャンスを求めて、貴重な時間を割いて面接をしていると心得ていれば、大きくハズスことはないであろう。面接をクリアするには、実務経験があり、スキルを満たしていることは、十分条件ではなく、飽くまでも、必要条件であり、それに加え 1、エネルギーがあって 2、健全な考え方、が揃ってこそ十分条件となり得る。 あなた自身の場合は、如何でしょうか?

 

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか43社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2019 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する