証券アナリストとは?

証券アナリストとは、高度な金融技術を応用し、金融や経済に関する各種情報の分析と投資価値評価を行い、投資助言や投資管理サービスを提供する専門家のことです。資格としては、社団法人日本証券アナリスト協会が、証券アナリストを公的に認定するための試験制度を実施しています。

証券会社の調査部門などに所属し、顧客である個人投資家や機関投資家に対して、産業・企業調査を基に、個別証券の分析・評価を行うアナリストをセルサイド・アナリスト、投資信託・投資顧問、信託銀行、保険などに所属し、資産運用に携るアナリストをバイサイド・アナリスト(ポートフォリオマネージャー・ファンドマネージャー)と呼ぶことがあります。
最近では、アナリストの所属するそれぞれの分野において専門化が進んでおり、投資、ストラテジスト、投資アドバイザー、マーケット・アナリスト、クレジット・アナリストなど、様々な呼称が用いられています。

また、投資に関する国際的な資格として、米国のCFA協会が認定するCFAという資格もあります。

【証券アナリストの転職について】

投資関連業界はもちろんのこと、株式公開を目指す企業や財務IR活動に力を入れる事業会社においても証券アナリストのニーズが高くなっているといえるでしょう。
資格試験に合格していることを採用の条件とする企業もあります。

「証券アナリスト」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2022 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数1300本以上!転職体験記
フォームから登録する