サーバーエンジニアとは?

サーバーエンジニアとは、コンピューターシステムを運用するサーバー機器の構築や、サーバーソフトの設定を行う職業です。
サーバーエンジニアの主な仕事内容には、サーバシステムの設計・構築・運用、冗長構成、負荷分散構成の設計・構築・運用、障害発生時の応急対処・予防対策、セキュリティ対策と、幅広い業務が含まれます。

サーバーの種類は、WWWサーバー、メールサーバ、ファイルサーバ、データベースサーバー等、使用するサービスによっていくつかの種類がありますが、いずれにしてもOSやセキュリティ、ネットワークの知識は不可欠です。

また一般的にサーバーエンジニアのことを、ネットワークエンジニアの別称とする意見や、ネットワークエンジニアの業務の一部として捉えるということがあるようですが、正確にはこの2つの職種は全く別の仕事です。

ネットワークエンジニアの仕事は、スイッチやルータを介したネットワークインフラの設計・構築や保守管理がメインです。一方、サーバーエンジニアの仕事は、サーバー機器やサーバーソフトの構築・運用・保守がメインです。

【サーバーエンジニアに必要なスキルは?】

サーバーエンジニアになる為には、WindowsLinuxなどのOSの知識やセキュリティの知識が求められます。
またサーバーの構築・設定をする上では、ネットワークの知識も必要となる為、サーバーエンジニアの経験を積んだ後に、ネットワークエンジニアにキャリアチェンジする方も多くいます。
未経験からサーバーエンジニアを目指す場合、まずはサーバーの監視・運用といった業務から入り、それから経験を積んで上流工程のサーバー設計にキャリアアップする方がいます。

「サーバーエンジニア」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか43社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2019 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する