レファレンスとは?

レファレンスとは、採用活動において、企業が採用候補者の以前の雇用主などに問い合わせて、候補者の仕事振りや人となりについて確認を行う人物調査ことです。「レファレンスを取る」「レファレンスチェックを行う」などと使われます。

企業の採用担当者が、候補者自身が選んだ前職での上長などに電話で確認する場合もあれば、上長のサイン入りのレファレンスレターの提出を求められる場合もあります。

レファレンスチェックが行われるのは、主に外資系企業で管理職以上のポジションなどを採用する時などで、日系企業でレファレンスを実施している例ははまだまだ少ないでしょう。

「参照する」といった意味を持つ「reference」という英単語からきています。

「レファレンス」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか43社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ
企業インタビュー
技術者インタビュー
“高専卒の方はこちら”
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2019 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する