オブジェクト指向とは?

オブジェクト指向とは、ソフトウェアの開発手法のひとつです。関連するデータ処理の集合を、オブジェクトと呼ばれる一つの部品として扱い、その組み合わせによってソフ トウェアを構築するという手法です。

小規模なシステムを構築する場合は、各開発担当者がそれぞれの考えに基づいてプログラミングをしても特に問題ありませんが、大規模なシステムを構築する場合、同じ処理や似たような機能を作るのに別々のプログラミングを組むのはとても非効率です。オブジェクト指向によるプログラミングを採用すれば、それらの処理などを部品として共通化することができ、再利用や分類がしやすく、開発工程を効率化 できます。またソフトウェアの品質を平均化でき、特に大規模なシステムを開発するケースでは、オブジェクト指向プログラミングは欠かせないものとなっています。

オブジェクト指向のプログラミング言語には、以下のようなものがあります。
Java
C++
C#
Perl
Ruby

「オブジェクト指向」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2022 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数1300本以上!転職体験記
フォームから登録する