法務とは?

法務とは、企業の事業運営に伴って発生する法的な問題に対応する業務です。主に契約書作成・管理、訴訟対応、株主総会・取締役会の事務局業務などの業務があり、企業によっては、コンプライアンス推進、知的財産権の管理・活用、M&Aの際の法務デューデリジェンスなども業務内容に含まれることがあります。

多くの企業では法務部門の中に法務担当者を置くのが一般的ですが、中小企業では総務部門内に法務課を作り、担 当者を置くケースもあります。

【法務に必要な経験・スキルとは?】

法務担当には企業を運営する上で必要な法律の知識が欠かせません。また社内関係部署とコミュニケーションをとったり、パートナーの弁護士事務所と自社との窓口を担当したりもするため、折衝能力も必要とされます。

企業法務のズバリの経験者以外では、法律事務所の弁護士として企業法務に携わった後に、企業内の法務部に転職する方が多くいます。司法書士等の有資格者は歓迎されます。未経験者を対象とし た求人は多くはありませんが、企業によっては、法律事務所の事務や司法試験受験者を採用する場合もあります。

「法務」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2022 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数1300本以上!転職体験記
フォームから登録する