HTMLコーダーとは?

HTMLコーダーとは、HTMLCSSを使用してWebページを作成する作業を行う職業です。Webデザイナーが作成したデザインを、ブラウザで不具合無く表示できるように、各Webページを作成するのが主な役割です。

もともとWebサイトの制作工程の中で、HTMLコーディングはWebデザイナーの業務の一部に含まれていました。しかし、サイト構造の複雑化や大規模化に伴い、コーディングの作業量が増えてきた為、デザインとコーディング作業が切り分けられるようになったのです。ただし、現在でも中小規模のサイトでは、WebデザイナーがHTMLコーディングまでを担当するケースが多くあります。

【HTMLコーダーに必要なスキルは?】

HTMLとCSSの知識は必須です。
一般的によく使用されているInternetExploler、Firefox、Sleipnirをはじめとした、複数のブラウザで問題なく表示できるようにページをコーディングしなくてはならない為、単にDreamweaverなどのオーサリングツールを用いるのではなく、手打ちでHTMLタグを記述できる位のスキルは最低限必要になります。 また最近では、SEOやアクセシビリティ、ユーザビリティを考慮してコーディングするスキルも求められることが多くあります。

「コーダー」と聞くと単純作業のようなイメージを持たれる方もいますが、Web制作工程において、サイト表示そのものに関わる仕事であり、非常に重要な役割を担っているのです。

「HTMLコーダー」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2021 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する