DSPとは?

DSPとはDemand-Side Platformの略で、オンライン広告において広告主の広告効果の最大化を支援するツールを指します。広告主が予算やサイト情報、ターゲット、目標CPA、バナークリエイティブなどを登録し、それに従って、インターネット上の広告枠を自動的に買い付けて配信を行います。

広告枠の自動買い付けは、RTB(リアルタイムビッディング)という仕組みによって行なわれ、1インプレッション(掲載回数)ごとにオークションが開かれ、落札した広告主の広告が表示されます。
買い付け先はアドネットワークと呼ばれる広告主を募集する複数のサイトを取り纏めている所で、広告枠の販売者側を支援するツールであるSSP(サプライライドプラットフォーム)やアドエクスチェンジなど、サイト側が使用するプラットフォームでサイト側も売値やターゲット、バナークリエイティブサイズなど様々な売却条件を設定しています。

DSPとSSPのプラットフォーム提供と共に、アドネットワーク事業を兼ねている事業者もあります。
これら事業者が他社に自社のアドネットワークを開放すると、利益が上乗せされて他社のアドネットワークが自社のものよりも高値になります。すると同じ配信条件下では、自社アドネットワークが選択されやすいため、事業者によっては自社のアドネットワークの広告枠を優先的に売却するところもあります。

「DSP」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2021 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する