CSRとは?

CSRとは、Corporate Social Responsibilityの略で、企業の社会的責任のことを言います。企業は、利益を優先するだけでなく、顧客、株主、従業員(とその家族)、取引先、地域社会など、多くのステークホルダーとの関係を考え、責任を持って事業活動を行なっていく必要があります。

具体的な活動としては、企業のコンプライアンス制度の確立や企業によるイベントの主催・共催・後援、地域市民との交流、環境への取り組みなどが挙げられます。

CSRの概念は欧米で生まれたもので、サスティナビリティ(持続可能な発展)という考えに基づき、あるべき企業経営における経営戦略として開発された概念ですが、多くの定義・議論があり、日本では完全に浸透しているとは言えないのが現状です。

それでも、就職活動の際、学生が企業を選ぶポイントとしてCSRが挙げられるなど、昨今注目度が高まっており、また、社会的責任を十分に果たしている企業に投資する、社会的責任投資(SRI)という考えも生まれ、CSRへの対応を急ぐ企業が増加しています。

「CSR」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2021 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する