36協定とは?

36協定とは、労使協定のひとつで、労働基準法第36条の規定からとった略語です。「サブロク」協定と呼ばれています。

労働基準法の基本的なルールとして、1日8時間、1週間に40時間以上労働させることは禁止されています。しかし、この36協定を届け出ることにより、法定労働時間及び変形労働時間制による労働時間を延長することが可能になり、また、法定休日に労働をさせることも可能になり、労働基準法に違反しないことになります。 逆に、労働者がたとえ1人であっても必ず所轄労働基準監督署長に届け出る必要があり、36協定の締結・届出をせず残業や休日労働をさせると、労働基準法違反となります。

36協定は、「事業場」単位で締結する必要があるため、複数の事業場を擁する企業の場合は、それぞれの事業場ごとに協定を締結し、それぞれを所轄する労働基準監督署長へ届出なければなりません。

「36協定」を含む求人を検索する

職業紹介優良事業者認定マーク
当社は、全国に約20,000事業所ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、 わずか39社しか選ばれない「職業紹介優良事業者」に認定されています。
※平成26年(第一回認定):全国で27社のみ、平成30年:全国で43社のみ(第二回認定)、令和2年:全国で39社のみ(第三回認定)
企業インタビュー
技術者インタビュー
高専卒の方はこちら
弊社採用情報はこちら 新卒・既卒・中途も歓迎!
職業紹介優良事業者認定マーク
Copyright © 2021 Elite Network Co,Ltd. All Right Reserved.
記事数900本以上!転職体験記
フォームから登録する