正社員専門の人材紹介会社 エリートネットワーク
採用情報

お茶の水女子大学 理学部 生物学科(2017年3月卒)

インターンシップ体験談

(株)エリートネットワークとの出会い

私が(株)エリートネットワークの長期インターンシップを始めたのは大学2年生の秋です。身近な先輩方が就職活動を始めた影響を受け、将来への漠然とした不安を抱いたことがきっかけでした。未来の自分に役立つ何かを得たいという思いから、インターンシップを数多く掲載しているWebサイトに辿り着き、偶然目に留まったのがエリートネットワークだったのです。特に、「業務を通じて、様々な仕事に関する知識を身に付けることができる」 という人材紹介会社ならではの魅力を強く感じたので、応募することに決めました。

仕事内容

私はWebチームという求人情報を管理する部門の担当になりました。メインの仕事は、取引先の企業から依頼される求人票の内容を自社HPに反映することです。求人票と言ってもあまりイメージが湧かないと思いますが、求人情報に関するメールが毎日何十通も届きます。その反映処理を行うのが我々の仕事なので、スピードが求められます。それに加え、求人情報という非常にデリケートな情報を扱うため正確な処理能力も必須です。このように、簡単な仕事ではなく頭をフル回転して集中する仕事の連続であるため、業務を通して非常に多くの学びを得ることができます。

私の場合、例えば、求人入力をする時に常に 「どのような方法をとったら効率よく仕事を終えることができるか」 を考える癖がついたり、膨大な情報の中から必要な情報を瞬時に抜き取るスキルを得られたと思います。さらに、求人内容をしっかりと読み込むので各業界の動向や、各企業で求められるスキルや人物像も同時に知ることができ、目先の就職活動だけでなく、社会に出た後も非常に役立つ知識を得ることができました。また、業務内容に関しては、初めの導入時期に社員さんがマンツーマンのOJTでしっかりと教えてくださるので安心して働くことができます。分からないことがあった時も、丁寧に指導してくださいます。同じインターンシップの先輩方も色々と教えてくださるので、楽しくインターンシップを行うことができました。

このインターンシップを通して得られた学びは大きく2つあります。
1つ目は 「社会人がリアルに働く姿」 を間近で見られたことです。このインターンシップを行うまでは会社という所のオフィスに入ったこともなければ、会社に入って働くことに対して何のイメージも抱けませんでした。しかしオフィスで社員さんに混ざって一緒に仕事をさせてもらうことを通じて、自分が社会に出た時のイメージを得ることができたのです。働くのは楽しいことだけではなく、苦しいこともたくさんあります。だからこそ、これがやりたいんだ!という 「情熱」 を持てる仕事を見つけることが大切だ、ということをエリートネットワークの皆さんから学びました。

 

そして2つ目は多種多様な職業に関する知識を得たことです。以前、松井社長に 「扱っている求人というのは社会の縮図なんだ」 と教えて頂いたことがあります。私はその言葉を通して、社会は常に働く人々に支えられていて、求人とは社会のニーズがそのまま反映されているものなのだと気が付きました。よって求人に触れることが、現代社会を知るのにとても有効でした。

インターンシップで学んだこと

私は業務を通して、どの業界の企業においてもITに関する求人が非常に多い傾向にあることに気が付きました。これは社会がIT化してゆく中で、企業もいかにIT戦略を立てることが重要であるかを顕著に表している結果であると思います。この点から、ITの可能性と面白さに気が付き、テレビ局のIT部門という就職先を選びました。このインターンシップの中で様々な職業に触れるうちに、自ずと自分の興味がある分野を見つけることができたのです。

このように私はこのエリートネットワークのインターンシップを通して数え切れないほどの学びを得ることができました。学生にとってアルバイトは、大学やサークルと同じくらいに時間を費やす存在であると思います。だからこそ、学びが多いインターンシップを見つけて、有意義な学生生活を過ごして欲しいと思います。
最後に、長い間お世話になりましたエリートネットワークの皆様、誠にありがとうございました。

「インターンシップ応募」と明記し、
①お名前、②年齢、③学校名/学部名/学年、④ご連絡先(携帯番号)、⑤卒業見込み年
を記載の上、
saiyo@elite-network.co.jp宛にご応募下さい。
追って当方よりご連絡差し上げます。

※詳細は、お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-3562-6002 (採用担当:平泉/受付時間 9:00~20:00)