正社員専門の人材紹介会社 エリートネットワーク
採用情報

立教大学 文学部 キリスト教学科(2016年3月卒)

インターンシップ体験談

インターンを始めたきっかけ

私が(株)エリートネットワークでインターンを始めたのは、大学二年生の秋でした。大学生活が二年目に入ると、学校側も就職活動に向けたセミナーを開くようになり、私も少しずつ将来のことを意識し始めました。
それまで私はただ「何となく」接客業のアルバイトをしていましたが、就職活動への不安からか、社会に出る前に少しでもオフィスワークを経験しておきたいと考えるようになりました。そこで学業との両立という観点から、大学に近く、講義の間にも通いやすい(株)エリートネットワークのインターンに応募しました。幸いにも面接に合格した私は、ホームページ運用などを中心業務とするWEBチームに配属となりました。

担当業務と職場環境

私がWEBチームで主に担当したのは、各企業様から頂いた求人情報を(株)エリートネットワークのホームページ上に掲載する作業でした。掲載された求人情報は多くの求職者の方の目に触れることになるため、事前の誤字脱字及びNGワードのチェックは勿論、細かい表現の修正などの作業も欠かせません。
 それまでオフィスワークの経験がなく、右も左も分からなかった私でしたが、社員の方々に丁寧に指導して頂いたおかげで、すぐに仕事に馴染むことが出来ました。またこちらの疑問や質問に対しても、いつも真摯に答えて下さいました。
四年生になり就職活動が始まってからも、シフトや仕事内容にご配慮頂いたため、無理なくインターンと両立することが出来ました。

インターンを通して得られたもの

(株)エリートネットワークでのインターンを通じ、私は非常に多くのことを経験し、また多くのものを得ることが出来たと感じています。そしてその中でも特に大きなものは、主に以下の二つです。
第一に、様々な業種・職種についての知識が身についたことです。日々の業務で、私は沢山の求人情報に目を通してきました。時には自分が想像したことすらなかったような仕事について知ることさえありました。あくまで机上での、なかなか実感の得にくい情報ではありますが、学生の私にとってはそれだけでも十分勉強になったと思います。
第二に、人とコミュニケーションを図ることへの積極性が身についたことです。私は自身の要領の悪さについてある程度自覚があったので、開き直って 「少しでも分からないことがあったら社員の方に質問しよう」 と心がけました。それが出来たのも、先述した通り社員の方々がいつでもこちらの質問に対して丁寧に答えて下さる環境があったからだと思います。また自分が行った作業についての報告も怠らないよう努めるなど、学生ながらいわゆる 「報・連・相」 の習慣が身につきました。

最後に

(株)エリートネットワークの皆様と机を並べて仕事が出来たことは、自分にとって大きな糧となったと思います。(株)エリートネットワークで学んだことを忘れずに、社会人としてこれからも頑張っていきたいと思います。
まる二年の間お世話になりました(株)エリートネットワークの皆様には、心より御礼申し上げます。また個人的な話で恐縮ですが、WEBチームの社員の皆様には私の家庭の個人的な事情にまでご配慮頂きました。心より御礼申し上げます。
最後となりましたが、この体験談を読んでいる方の中には、就職活動が間近に迫り、以前の私のような不安を覚え始めた方もいるかもしれません。そんな方には是非(株)エリートネットワークのインターンに応募してみることをお薦めします。正社員専門の人材紹介会社で働くことは、企業研究を行う上でも大きなアドバンテージとなるでしょう。

「インターンシップ応募」と明記し、
①お名前、②年齢、③学校名/学部名/学年、④ご連絡先(携帯番号)、⑤卒業見込み年
を記載の上、
saiyo@elite-network.co.jp宛にご応募下さい。
追って当方よりご連絡差し上げます。

※詳細は、お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-3562-6002 (採用担当:平泉/受付時間 9:00~20:00)