正社員専門の人材紹介会社 エリートネットワーク
採用情報

上智大学 法学部 法律学科(2013年3月卒)

インターンシップ体験談

(株)エリートネットワークとの出会い

 私は大学四年間、書店や塾、百貨店と様々なアルバイトを経験してきました。その中で(株)エリートネットワークには約二年お世話になりました。インターンシップに応募しようと思った理由は 「銀座にあるから」 「入力の仕事をしてみたかったから」 というごく単純なものでしたが、飽きっぽい私が二年間続けられたのは、ひとえに仕事内容の面白さと社員の方々のご指導のお蔭だと思います。

求人情報から得られるもの

 WEBチームに配属の私は、各企業様から送られてくる求人情報をHP上に掲載する仕事に携わっていました。ただ載せるだけではなく、記載の際のルールに配慮しつつ、転職希望者の方々に正しく理解して頂けるように若干手を加える必要もありました。そのため否が応でも求人情報に丁寧に目を通さねばならなかったのですが、これが私の思っている以上に面白かったのです。
世間知らずだった私は、まず世の中にある職種の多さに驚きました。自分の知らない理系の分野で、どのような仕事があるのかを垣間見ることができたことも大きな収穫です。のみならず、今の時流ではどんな経験や資格が求められるのか、どんな人物像が求められるのか、英語の資格はどのくらいあればいいのか、等々就職活動時にも役立つ情報がたくさん得られました。
どの企業がどんなことをやっているのかということを知るだけでも、新聞を読むのが楽しくなりましたし、実際就職活動を行うにあたって、業界を絞る時にとても役立ちました。

インターンという場から得られるもの

インターンをやっていて一番ありがたかったのは、何かわからないことができた時に、すぐ尋ねられる社員の方がすぐ目の前にいらっしゃるということです。どんな些細なことでもきちんと答えて下さるだけではなく 「何のためにこういう指示を出しているのか」 「何のためにこの作業を行っているのか」 を説明して下さるので、とても動き易かったです。
 また、社員の方が目配りして下さるお蔭で、オフィスでの気遣い(挨拶、仕事に対する向き合い方など)というものが若干でも身についたような気がします。学生だとどうしても掴めないオフィスの雰囲気を体感したことで、四月からの社会人としての生活にも少しだけ自信が持てるようになりました。

最後に

振り返ってみると、私が(株)エリートネットワークで過ごした二年は、社会人になるための準備段階になっていたように思います。ここで得られた知見は、就職活動のみならず、就職活動後のアルバイトや内定先の企業への対応などにも役立てることができたからです。インターンシップから何を得るかは人それぞれですが、私の場合 「知識」 を得られたことが一番大きいと思います。企業に関する知識、オフィスの知識、業種の知識等々、何かを知りたい、あるいは就職活動に備えたいという方に、(株)エリートネットワークでのWEBチームでのインターンは適職かと思います。迷っていらっしゃる方は、まず応募してみることをお勧めします。

「インターンシップ応募」と明記し、
①お名前、②年齢、③学校名/学部名/学年、④ご連絡先(携帯番号)、⑤卒業見込み年
を記載の上、
saiyo@elite-network.co.jp宛にご応募下さい。
追って当方よりご連絡差し上げます。

※詳細は、お気軽にお問い合わせ下さい。TEL:03-3562-6002 (採用担当:平泉/受付時間 9:00~20:00)