求人情報詳細

営業部門向け法務に特化した新設部門部長(執行役員補佐)

企業データ

  • 会社名
    ファインナシャルアドバイザリーファーム
    事業内容
    総合金融サービス事業
勤務地 東京都
※転勤なし
想定年収 1,380 万~1,560 万程度
仕事内容 営業部門向け法務に特化した新設部門の部長(執行役員補佐)として、以下のようなビジネス推進にかかる法務業務を統括いただきます。ご入社の当初は執行役員補佐となりますが、入社後の貢献次第で担当執行役員への登用の途があります。
●同社グループのビジネス(営業)に係る法務に関する調査・研究および指導・助言・教育
●同社グループのビジネス(営業)に係る法改正等の情報収集、発信および対応提案・指示
●同社グループの新規事業、新規商品および業務提携等に関わる法的側面からの企画・提案
●ビジネス(営業)に関する社内規程等の制定・改廃に関する制定・改廃案の策定
●同社グループが提供する商品およびサービスに関する契約書、その他外部に向けて使用する書面および文言の雛形の制定・改廃に関わる審査
●同社グループの個々の商品またはサービスに関する広告等、契約締結前交付書面等の法定交付書面その他外部に向けて使用する書面の個別審査
●ビジネス(営業)に関する社内規程等に沿った部内事務マニュアル等の作成およびその支援
●同社のビジネス(営業)に関する契約審査業務一般
【職務の魅力】
・東証プライム上場企業において、金融関連規制法を中心に幅広く営業関連法務の経験を積むことが可能。
・グループが保有する各種金融関連ライセンスを生かした新規ビジネスの創出に関与できる。
・チームワーク・相互協議を重視した執務体制。
・ビジネスサイド・経営陣双方と近距離で業務遂行が可能
経験・資格 ●スキル/経験面
・日本法弁護士資格(必須)
・私企業又は企業法務系法律事務所における企業法務従事経験(必須)
・英語による執務能力(契約交渉・レビュー、口頭・メールによるコレスポンデンス)(尚可)
・金融商品取引法、信託業法、宅建業法等の金融・不動産関連業規制に関するアドバイス経験(尚可)
・海外弁護士資格(尚可)
●マインド面
・企業法務に関する幅広い法的知見に基づき、営業部門担当執行役員の意図を的確に捉えながら、適法・適正にビジネス推進できる方
・部門のミッションに従い、プレイング・マネージャーとして、丁寧な部下指導とともに、案件の難易度に応じて自ら率先して事案処理に当たることができる方
・依頼部門・関係部門との間で明快平易なコミュニケーションを図り、適確なソリューションを適時に提示できる方
※更なる詳細事項は、カウンセリング(面談)時にお伝えします。
※上記資格要件を満たしていない方でも、応募・書類選考可能な場合がありますので、遠慮なくご相談ください。
企業データ
会社名 ファインナシャルアドバイザリーファーム
事業内容 総合金融サービス事業
Recruiting No. 5143_252

エリートネットワークの転職支援サービス

職業紹介優良事業者とは?

求人検索

こだわりで探す
キーワード
職種
業種
勤務地

地域

都道府県

資格
こだわり条件

『転職体験記』

転職体験記の一覧を見る

注目企業インタビュー

企業インタビューの一覧を見る
職業紹介優良事業者とは?
フォームから登録する