HOME > 転職体験談 > 29歳弁護士、 法律事務所から、 企業内弁護士への転職

転職体験談
File No.752
29歳弁護士、 法律事務所から、 企業内弁護士への転職
前職
法律事務所   弁護士
現職
一部上場 年商1兆5000億円のメーカー 法務部 企業内弁護士
原田 大貴 氏 / 29歳
立命館大学 法学部 法律学科 卒
立命館大学 大学院 法務研究科 修了
新第65期  司法修習

はじめに

私は、司法修習を終え、いわゆる一般民事を扱う経営者弁護士1名の法律事務所に入所しました。
しかし、法律事務所での労働環境や待遇に違和感を覚え、次第に転職を考え出し、司法修習時代から関心のあった企業内弁護士としての働き方を志すようになりました。
そこで、修習同期の友人で企業内弁護士をしていた友人に相談をしたところ、その友人がお世話になった(株)エリートネットワークの転職カウンセラーの山崎さんを紹介して頂きました。
友人にエージェントさんと相談したい旨を伝えると、早速数日後にその転職カウンセラーの山崎さんから直接ご連絡を頂きました。
これが、私の転職活動の第一歩となります。

初回カウンセリングについて

まずは転職カウンセラーの山崎さんに面談をして頂きました。
私は、社会人経験も浅く、特に業種を絞るような考えもなく、企業内弁護士への転職という漠然とした目標しかないままカウンセリングに臨んでいました。
今思えば、方向性すらハッキリしないうえに、転職に有利となる弁護士としての武器もないという、実に難しい転職希望者であったように思います。
しかし、山崎さんは、私の前職での状況や、転職に関する希望を詳細にカウンセリングして下さり、当時の私が応募可能な求人案件をピックアップして提示して下さいました。

また、初回のカウンセリングでは、私の経験やスキルを冷静に分析し、転職活動が如何に困難かという点についても厳しく指摘して頂きました。
この厳しい現状を教えられたことがきっかけとなって、初めて転職活動への本腰が入ったような気がします。

面接について

転職カウンセラーの山崎さんとの面接から、1週間程度で、御会社様から1次面接のオファーを頂きました。
私は、これまでの人生の中で、一般事業会社の正式な就職面接を受けた経験が少なく、転職活動についての予備知識も全く無かったので、こんなにも早く1次面接のオファーを頂いたことに当初戸惑いました。
しかし、山崎さんから面接での対応について丁寧にご教示下さったことで、とても心強く、前向きに面接に臨むことができました。

結果的には、この最初に面接のオファーを下さった御会社様から、さっそく2次面接のご案内を頂き、めでたく内定を頂くことになります。

(株)エリートネットワークにお願いして

エージェントさんを通じた転職活動を始める前の私は、自分に自信がなく、前職での体験から就職に対して臆病になっていたため、仮にあのまま一人で転職活動をしていたとすれば、現在も特に有効な活動が出来ず、途方に暮れていたことでしょう。
転職活動の方向性決定、求人案件の説明から面接の日程調整、面接時の事前注意、最終的な入社に至るまでの手続の全てに、一貫して一人の転職カウンセラーさんが親身に寄り添って下さったことで、私の転職活動は、2か月にも満たない短期間で、現時点で最も有意義な結論を出すことが出来たように思います。

山崎さん、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

体験談検索

職種
業種
キーワード
資格
年齢層を指定
第二新卒
女性の体験談
年齢入力 ※半角英数で入力して下さい。