転職・人材紹介|エリートネットワーク
20代・30代の転職に強い
正社員専門の人材紹介会社エリートネットワーク
会社案内転職QA採用担当者様へサイトマップ
公開求人情報

株式会社リクルートテクノロジーズ 企業インタビュー

株式会社リクルートテクノロジーズ 執行役員 ITソリューション部 プロジェクト推進部 アドバンステクノロジーラボ 米谷 修氏

リクルートテクノロジーズロゴ 2012年10月に分社化したリクルートグループの中で、基幹システム・テクノロジーを担う(株)リクルートテクノロジーズ。今回は、執行役員 CTO 米谷 修氏にお話を伺いました。
page1 Page 1/3

―― まず初めに、リクルートグループが分社化された背景と、貴社の事業領域についてお聞かせ下さい。


執行役員 CTO 米谷 修氏

分社化は、リクルートグループ内のそれぞれの事業が各々のマーケットに合わせて、会社や組織を最適化する、という趣旨で実施されました。
これに伴い権限や人事制度等が委譲され、結果として7つの中核事業会社と3つの機能会社が誕生しました。

その中で当社は、ITとマーケティングに関する専門性の高い仕事をカバーする機能を担っており、リクルートグループ全体の先端技術や研究開発分野への投資、2年後や3年後に活用できるようなIT技術の開発を日々行っています。

他のグループ各社にもIT分野を担当する部門がありますが、当社ではより専門性が高く、全社的且つ、大規模な開発を行う必要があるIT関連の業務を担当し、汎用品化したシステム等に関してはグループ会社に管理をして頂く、と言うような棲み分けをしています。

―― 貴社のビジネスモデルについてお聞かせ下さい。

一般的なシステム子会社では、収益を求める為にシステムの外販を行う所が多いですが、当社では一切行っておりません。
かつて(株)リクルートでは一時期コスト削減に注力した為、システムやテクノロジーの開拓・開発が手薄になった事がありました。その結果、様々な弊害が起きましたが、特に携帯のキャリアごとに対応できるようなフレームワークと言った、モバイル分野に於ける取り組みで競合に後れを取ってしまいました。
現在、巻き返しの為にスマートフォン等で積極的に開発を行っていますが、その時の経験からシステムやテクノロジーは、市場が盛り上がる前に投資をしないと痛い目に合うと実感しました。その為、当社では 「開拓」 「実装・展開」 「運用」 と言う三つの段階に分けてテクノロジーの開発をコントロールしています。

まず第一段階にあたる、システムや技術を発見・開発する 「開拓」 では、(株)リクルートホールディングスではなく、当社が総コストを握っている為、利益や収支は追いかけません。
第二段階にあたる 「実装・展開」 では、開拓してきたシステムや技術を一部の事業でテストし、実際に現場で運用する際に問題が起きないか確かめます。その為、ここでの収支はマイナスでも問題ありません。
第三段階にあたる 「運用」 では、今まで開拓し、実装・展開してきたシステムや技術を、他の事業へ受け渡しても問題ない状態となっています。この段階の収支は、今までのマイナス分を取り戻す為にゼロを目指していますが、やはり利益を出す事を目標にはしていません。

このように、当社では数年後にリターンがあり、システムやテクノロジーに於いてリクルートグループの先進性を確保する事のみに注力しているので、収益にこだわらない開発を行っています。

―― 貴社独自の企業風土についてお聞かせ下さい。


「当社では分社化前から、 『アドバンスドテクノロジーラボ』 で行っている業務を自発的に行っていましたが、今のような正式な組織名はついていませんでした。」

当社には、リクルートグループ共通の気質である 「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」 と言う精神を受け継いでいるスタッフが多く、特に 「研究・開発」 の分野でこの気質は活かされています。

リクルートグループでは、Hadoop(ハドゥープ)と言う、ビッグデータを実装する為のミドルウェアを採用していますが、この技術は世間でビッグデータと言う要素が盛んに取り上げられる前に、現場にいるスタッフがリサーチしてきたものです。トップからの指示ではなく、自ら進んで要素技術を検証し、事業への活かし方について提案し、その結果取り入れられました。
そして今では 「ビッグデータグループ」 と呼ばれる70人程のグループが、この技術を駆使して全社をサポートしています。

また当社内には、最先端の高度技術を研究開発している 「アドバンスドテクノロジーラボ」 と言う組織があります。そこに所属しているスタッフの中には、今までグループ会社で使用していた商用の検索エンジンの代わりとなる、無料のオープンソースの 「Solr」 を実用化し、コスト削減に寄与した人もいます。

このように、当社では上司から指示されて動くのではなく、各自それぞれのスタッフが業務の中で課題を見つけ出しては改善案を提案し、それを活かしていくボトムアップ型の風土が根付いています。

※ 「アドバンスドテクノロジーラボ」 の詳しい活動内容についてはこちら

page1 Page 1/3
※この記事の内容は取材当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、役職名等は現在と異なる場合があります。
インタビュー一覧へ