転職・人材紹介|エリートネットワーク
20代・30代の転職に強い
正社員専門の人材紹介会社エリートネットワーク
会社案内転職QA採用担当者様へサイトマップ
公開求人情報

株式会社 GSユアサ 企業インタビュー

株式会社 GSユアサ タイトル画像

株式会社 GSユアサ ロゴ 株式会社GSユアサは、自動車やバイク用のバッテリーやビルの非常用電源等に使用される二次電池のパイオニアとして、100年以上の歴史を持つメーカーです。
今回は、人事部 人材グループでグループマネージャーを務める古谷 和則 (ふるたに かずのり) 氏に、グローバル市場で高いシェアを確立する鉛蓄電池や、エコカーの未来を支えるリチウムイオン電池事業について、また技術の蓄積を生かして常に新たな開発へのチャレンジを重ねる風土等についてお話を伺いました。(掲載開始日:2017年2月27日)
page1 Page 1/3

―― まず初めに貴社の歴史について、企業の成り立ちを踏まえてご説明頂けますでしょうか。


人事部 人材グループ
グループマネージャー 古谷 和則氏

株式会社GSユアサは、日本電池株式会社と株式会社ユアサコーポレーションが2004年に経営統合し、持株会社として株式会社ジーエス・ユアサコーポレーションを設立、その後、事業子会社として誕生した日本最大の二次電池 (※) メーカーです。

日本電池は1895年 (明治28年)、創業者の島津源蔵が日本で初めて鉛蓄電池の製造に成功したのを出発点に、1917年に日本電池株式会社を設立、“GS” のブランド名でグローバル市場に製品を提供してきました。

ユアサコーポレーションは1913年 (大正2年)、金属の電解科学に関する研究を始めた湯淺七左衛門が、1918年に設立した湯淺蓄電池製造株式会社をルーツとしています。その後、“YUASA” ブランドの蓄電池も、多くの国や地域で自動車・二輪車用バッテリーの代名詞として親しまれてきました。

電池・バッテリー業界で日本を代表する2社が一つになり、互いの持つ強みを活かし合っていることで、日本やアジアの車載用・産業用の二次電池市場をリード、さらには米国やヨーロッパ市場でも高いシェアを築くことができるようになりました。

※ 二次電池:乾電池など使い切りの 「一次電池」 に対して、自動車用バッテリーに使われる鉛蓄電池のように、充電を繰り返すことで長期間に亘って使用できる電池のこと。

―― 貴社が現在、グローバル市場で展開されている電池事業のアウトラインをご説明ください。

「NASAの国際宇宙ステーション (ISS) で用いられているリチウムイオン電池です。2016年12月10日に種子島宇宙センターから打ち上げられた宇宙ステーション補給機 「こうのとり」 6号機によってISSに運ばれました。この「こうのとり」や、H2BロケットにもGSユアサのリチウムイオン電池が搭載されています。」

創業期から手掛ける基幹事業である自動車・二輪車用及び産業用の鉛蓄電池においては、国内シェアNo.1、世界市場でもトップクラスのシェアを確立しています。また、鉛蓄電池はフォークリフトや電動台車、無人搬送車 (AGV) 等、生産・物流拠点を支える電動車両にも搭載されています。
更に、国内シェアで約6割を占める電源システムや産業用電池の分野でも、ビルの非常用電源装置を豊富にラインアップする他、ATMや家庭用セキュリティシステム等のバックアップ電源として小型シール鉛蓄電池 (VRLA) を提供しています。

また、20年程前から参入しているリチウムイオン電池では、現在、環境対応車用の製品に注力し、戦略的な市場開拓に取り組んでいます。
複数の自動車メーカーと合弁会社を設立し、電気自動車 (EV)、ハイブリッド車 (HEV)、プラグインハイブリッド車 (PHEV) 用の電池を生産しています。また、航空機や人工衛星打ち上げ用ロケット、衛星や宇宙ステーション、潜水調査船の電源としてリチウムイオン電池を提供する他、電動車両を始めとする産業用にも幅広く製品を提供しています。

―― 海外売上比率が高い電池事業において、グローバル市場での貴社製品の競争優位性はどのような点にあるのでしょうか。


京都本社内にある 「GSユアサ POWER GALLERY」


上段:乗用車に最適な性能&環境に配慮したカーバッテリー 「eco.R (エコ.アール) 」
下段:信頼性をさらに追求した大型車用高性能バッテリー 「PRODA NEO (プローダ・ネオ) 」

元々統合前から、エンドユーザーの目にも触れる車載用鉛蓄電池の世界では、アジア市場を中心として、“GS” や “YUASA” のバッテリーはその品質が高く評価され、根強いファンを獲得してきました。
100年に及ぶ技術の蓄積をベースとして、2016年9月時点では世界17ヵ国に37の拠点を展開し、品質の高い電池を安定的に市場に提供できる体制を確立していることが、最大の強みとなっています。

また、他社の追随を許さない品質の高さにプラスして、時代のニーズに応じて新たな製品をスピーディーに開発できる技術力を備えています。
例えば、アイドリングストップ車等、エンジンを始動する回数が多くバッテリーに負荷がかかる車両に対しても、圧倒的な長寿命を実現する専用バッテリーをいち早く開発しました。現在では更に開発を進め、アイドリングストップ車にも通常の車両にも搭載できる、高容量・ロングライフのバッテリーを提供しています。

今後は更に東南アジア各国やアフリカ、中東諸国にも自動車用の電池を拡販していく計画です。また、二輪の需要が継続して高まっているインドでは、新たに二輪用のラインアップを強化した車載用電池の合弁企業を現地の自動車メーカーと共に設立する等、戦略的なマーケティングを展開しています。
いずれの市場においても、品質よりも価格競争力を重視する製品とは一線を画し、品質重視で電池を選ぶ中間層以上の顧客層をターゲットとしています。

このように市場ニーズの変化に対して柔軟に対応しながら、品質の追求を軸としたブレのないものづくりを積み重ねていることが、GSユアサの競争力を生み出していると考えています。

page1 Page 1/3
※この記事の内容は取材当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、役職名等は現在と異なる場合があります。
インタビュー一覧へ